蛇口のレバーを上げると根元から水漏れする症状を修理しました【神戸市での蛇口交換作業】

2019年5月28日

蛇口のレバーを上げると根元から水漏れするを修理【神戸市での蛇口交換作業】

神戸市灘区中郷町でキッチンの蛇口水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「キッチンの蛇口の根本から水が漏れている。蛇口のレバーを上げると水漏れする。数ヶ所から水が漏れているので直してほしい。」とのことでした。

今回の水漏れをおこしている蛇口はワンホールのシングルレバー混合栓ってやつでした。

最近のキッチンはほとんどがワンホールですね。

ワンホールが普及する前は、ツーホールで更にその前はシンプルなツーハンドルってやつでした。

ちょっとした豆知識を披露してみました。

蛇口のレバーを上げると根元から水漏れする症状を修理しました【現場を確認】

現場に到着後、蛇口の状態を確認しました。

水漏れしている蛇口

写真を見てもらうとわかると思うんですけど、分岐水栓がついているタイプでした。

そして、分岐水栓の近くとカートリッジの近くから漏れていました。

蛇口本体を確認してからお客様とお話をしました。

するとこの水栓は「10年以上前に引っ越してきたときからついているもの」だとわかりました。

初めはパッキンかカートリッジの交換のみで修理が出来るだろうと思っていたんですけど、総合的に判断して蛇口本体を交換することにしました。

理由は最後に書きます。

本体交換で対応した方がいい理由をお客様に説明して納得してもらってから交換作業に入りました。

シングルレバー混合水栓交換作業

まず、止水をして給水と給湯を取り外しました。

タオルをはじめに置いておくと後が楽です
取り外し後

次にシンクに取り付けてある蛇口本体を取り外しました。

取り外し後

次に新しい蛇口をシンクに取り付けて、シンク下の給水と給湯に接続しました。

本体取り付け後
給水と給湯の取り付け後

最後に蛇口本体にぐらつきがないか、接続部分に水漏れがないか確認して作業完了です!

作業後

さて上に書いているパッキン交換修理ではなく、蛇口本体を交換した理由を書いていきます。

部分的に修理することをお客様が望めば部品交換で対応したんですけど、今回は蛇口の使用年数がひっかかったので本体交換をおすすめしました。

理由としては蛇口は10年程度で劣化して水漏れをおこします。

そして、内部部品が複数箇所あるので一度修理しても、また違う場所に不具合がおこります。

そうすると何度も修理しなくてはならなくなり、結果的に修理代が高くなってしまいます。

あともう一つ理由がありまして、蛇口は水漏れを直して長年使うことは出来るんですけど内部の金属部分(本体)は使えば使うほど汚れてきます。

その汚い蛇口から出てきた水は衛生的によくないですよね。

なので本体交換をおすすめして、交換しました。(浄水器を取り付けているので尚更おすすめしました)

誤解してほしくないのですが、この蛇口本体交換はメーカーも推奨していることなのでぼったくりではないですよ。

なので皆さんも長年使った蛇口が不具合をおこしていたら、修理するか交換するか考えてみてくださいね。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約45分、現場確認及び作業時間が約30分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+混合水栓交換(ワンホール)13200円+材料代16500円=合計33000円です。

※材料代は当時の価格です。

・神戸市の水漏れ修理のご案内はこちら >>

・蛇口の料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ