大阪市西区江戸堀 ウォシュレット交換 温水洗浄便座交換

2019年5月9日

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

さて今回は大阪市西区江戸堀でウォシュレット交換のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「引っ越してきたらトイレにウォシュレットがついていなかった。自分でウォシュレットを用意したから取り付けてほしい」とのことでした。

はい。他社さんはやりたくないであろう取り付けて作業のみのご依頼です。

当社は本体代をかさ増しして請求しないので作業代だけもらえたらそれでいいんですけど、他社さんは本体代からも利益を得ようとしているでしょうから作業代だけは嫌がるところが多いみたいですよ。

まあうちは喜んでお受けしちゃいますけどね。

お客様がそれを望まれるならそれが一番ですよね!

てことで現場に急行して現場をみさせていただきました!

大阪市西区江戸堀の現場に到着

現場に到着後、トイレの中を見させていただきました。

↑便器の後ろのタンクが入っている壁

このタイプのトイレ久しぶりに見ましたね。

初めて見たときはなんだこれと思いましたが、さすがに何度も見ていると慣れてきます。

非常に珍しい形で、この板(壁)の向こう側にタンクが隠されていて、板で見えないように化粧しています。

お客様は初めて見たようで、「普通の便器だったら自分でウォシュレット交換しようと思ったけどこれは見たこと無いから依頼した」と仰っていました。

現場をしっかりと確認したらお客様に作業内容と料金の説明をして作業に入りました。

ウォームレットからウォシュレットに交換

まずはこの壁が邪魔なので、壁をばらしていこうと思います!

あ!その前に止水はちゃんとしておきましょう!

↑壁を取りました

壁を取り外したら次に便座を取り外します。

今回はウォームレットが付いていたので電源を抜いて固定具を取り外しました。

↑ウォームレット取り外し完了

次にお客様が用意したウォシュレットを取り付けていきます。

が、その前に給水部分を繋げていきました。

↑こんな感じで取り付けます

給水部分が取り付け出来たら、次にウォシュレットを便器に取り付けていきます。

↑ウォシュレット取り付け完了

ウォシュレットの交換が出来たら、給水部分の水漏れが無いことを確認して壁を元に戻しました。

↑作業完了!

作業後

作業時間は30分程度かかりました。

いやーしかし珍しいトイレですね。

なんでこんなのを作ったんでしょう?

↑ちなみにですがタンクの蓋を外したらこんな感じ

普通の便器とロータンクのセットじゃだめだったんですかね?

このセットにするとメンテナンスもそうですけど修理全般が大変じゃないですかね!

やっぱり見た目がいいからこっちにしたんですかね?

メーカーさんには修理業者の辛さはわからないでしょうからね。

まあメーカーさんが出したものを修理するしかないので何でもかかってこいですけどね!

大阪市西区のウォシュレット交換ならレオンメンテナンス

ウォシュレット・温水洗浄便座の交換の料金はこちら

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談