大阪市北区東天満でウォシュレット交換・温水洗浄便座取り付け

2019年5月18日

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

さて今回は大阪市北区東天満でウォシュレット取り付けのご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「賃貸のマンションなんですけど、トイレにウォシュレットがついていないので取り付けてほしい。ウォシュレットは用意しています。」とのことでした。

今では賃貸マンションでもウォシュレットがついているところが増えてきましたが、まだまだ普通便座が取り付けられているところが多いですよね。

今回のお客様は物件の内見の時に普通便座がついていることに気付かなかったそうで、焦ってウォシュレットを購入したそうです。

わかりますその気持ち。

私はウォシュレット信者なので、ウォシュレットがないとストレスになっちゃいます。

なので今回のお客様もきっと早くウォシュレットを使いたいでしょうから急いで取り付けに向かいました。

大阪市北区東天満の現場に到着

現場に到着後、トイレ内を見させてもらいました。

↑現場のトイレ

タンクの上にスポンジが置いてありますが、どこか汚れていたんでしょうか…?

まあそんなことは今回関係ありませんね。

お客様と少しお話をして、取り付けるウォシュレットを見せてもらい、作業に入りました。

※電話で料金の説明はしています。

ウォシュレット交換作業

まずは、取り付けられている普通便座を取り外します。

便器の裏に固定具があるので、専用工具でナットを回して取り外しました。

↑取り外し後

次にウォシュレットを固定するプレートを便器に取り付けてウォシュレットを設置します。

あとは分岐水栓を給水管に接続しました。

↑分岐水栓取り付け後

最後に給水部分から水漏れがないか、しっかりとウォシュレットが取付できたかなどを確認して作業完了です!

↑取り付け後のウォシュレット

作業後

作業時間は30分程度かかりました。

今回は賃貸マンションだったのでこちらで便座を処分せずにお客様にお渡ししました。

↑ビニール袋に入れておきました

ほとんどの方が知っていると思いますが、知らない方もいらっしゃると思うので賃貸物件について書いていきます。

賃貸物件の契約によって変わりますが、基本は入居した際にあったもの(蛇口、便器、洗面台などなど)はオーナーさんの所有物になります。

なので故障するとオーナーさんが修理代を払います。

※契約で変わりますので契約書をご確認ください。

これを踏まえてですが、今回のように便座を交換した場合は退去時にオーナーさんの所有物である便座に戻さなければなりません。

今回の場合ですと普通便座に戻さないといけません。

なので、ウォシュレットに交換しても取り外した便座は捨てないでくださいね。

邪魔にはなりますが、押し入れにでも保管しておいてくださいね。

大阪市西区のウォシュレット交換ならレオンメンテナンス

ウォシュレット・温水洗浄便座の交換の料金はこちら

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談