システムキッチンシンク下が濡れている 気付いたら木が腐っていた|尼崎市次屋

2018年11月13日

おはようございます。
今日も曇りです。
太陽が出てないんで寒いですよね。
今日は寝起きから寒かったのでアウターを着て家を出るか考えたんですけどまだ早いかなと思って着てないです。
まあ結果的には後悔しているんですけどね。
歩いて出勤しているんで事務所に着く頃には暖かくなってましたけど外に出た直後は寒すぎてがくがくしてしまいましたよ。
また作業着が薄いんですよね。
そろそろ限界ですね。
アウター着ましょう。

ご依頼内容

さて今回は尼崎市次屋でキッチンの蛇口交換のご依頼をお受けしました。

蛇口・水栓からの水漏れの原因と改善方法

ご依頼内容ですがシステムキッチンのシンクの下が濡れている、気付いたときには濡れていて木が腐ってきているので早く直してほしいとのことでした。

現場に急行して確認すると蛇口の頭がシャワーホースで伸びるタイプで蛇口の蛇腹ホースが切れて水漏れしていました。

現場を確認する前は排水がつまり、逆流しているのかと思っていましたが違っていたようです。

やはり現場を確認しないとわからないものですね。

お客様にはホースを交換するか本体を交換するしか修理方法がないことを説明しました。

お客様的には出来ることならホースを交換してほしいとのことでしたので探してみることになりました。

しかし、本体に品番がなく正確な型がわからず探すことが出来ませんでした。

蛇口はどうしても10年以上使うので、どうしても品番が書かれている部分が薄くなって消えちゃうんですよね。

写真だけで探してみたんですけどだめでしたね。

説明書があればもしかしたら見つけれたかもしれませんが何もないとなると探すのは困難です。

そこでお客様に見つけることが出来なかったことを説明して本体交換で対応することになりました。

もちろん料金の説明はしています。

作業内容と修理方法

まず、システムキッチンの引き出しを取り出してシンクの下をむき出しにします。

次にアングル止水栓を時計回りに回して止水します。

この止水を忘れると作業中に水浸しになるので必ず止水します。

止水を確認したら蛇口本体の下にあるカプラー(ホースと本体を繋いでいる部分)からホースを取り、給水と給湯に繋がっている部分(逆止弁も)取り外します。

次に本体を固定しているナットもしくはネジを反時計回りにまわして取ります。

ナットが取れたら本体を取り出せるようになるので取り外します。

あとは逆の手順で新しい蛇口を取り付けていけば交換作業完了です。

ただご自身で交換される場合は、取り付け説明書を必ずご覧になって取り付けてください。

また、分かりづらいとは思いますがここに書いている方法で蛇口を取り外せますが、メーカーによって設置方法が違うので取り外し方法も変わります。

あくまで一般的な取り外し方法です。

修理後

作業時間は30分程度でした。

本当であればホースのみを交換したかったんですけどね。

元々着いていた蛇口が浄水器付きのいいやつだったんですよ。

なのでそのまま残しておきたかったんですけど直せないのでどうしようもないですよね。

ちょっと悔いが残りますね。

尼崎市の蛇口の交換なら

キッチンの蛇口の交換の料金はこちら

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談