便器の水面が揺れている?GDT-3810のタンクから水漏れしていました【宝塚市でのトイレ水漏れ修理】

宝塚市中筋山手でトイレ便器内の水面が揺れている症状の修理依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「トイレの便器の中に溜まっている水が揺れている。よく見ると便器の中に水が少量ですが流れています。どこかから水漏れしていると思うのですが、このような修理はやっていただけるのでしょうか?」とのことでした。

便器の中に溜まっている水(封水)が揺れているってことは、タンクの中から水が漏れていると考えられます。

考えられる原因はボールタップ、フロートゴム、サイフォン管の故障です。

さあどれが原因でしょうか。

現場に急行して確認してみましょう!

封水が揺れている現場に到着

現場に到着後、トイレを見せてもらいました。

現場のトイレ

まずは封水がどれくらい揺れているのか確認しましょう。

ありゃ?

思ったよりも揺れていませんね。

よくこれくらいの水漏れで気付いたもんです。

お客様に聞いてみると「掃除しているときにたまたま気がつきました。」とのことでした。

便器を掃除するときは間近で見ますからね。

早めに気付けてよかったです。

次にタンクの中を確認してみます。

タンクの中はボールタップからちょろちょろと給水されていました。

一見ボールタップの故障か?と判断しがちですが、タンクの中を見る限りオーバーフローはしていません。

ボールタップが原因だとタンクの中でオーバーフローしているはずです。

なので今回の原因はフロートゴム玉が原因だと判断できます。

ただ、この状態だとわかりませんがボールタップも漏れているかもしれませんが…

ちなみにサイフォン管も確認しましたが特に問題はありませんでした。

INAXのGDT-3810

現場のタンクはINAXのGDT-3810でした。

このタンクに適合する部品を用意しましょうか。

お客様に原因と作業内容、料金の説明をして作業にはいりました。

GDT-3810の水漏れ修理

今回の水漏れの原因はフロートゴム玉ですが、ボールタップの一度も修理したことがないとのことだったので一緒に作業することになりました。

そのうちボールタップも故障するでしょうから同じタイミングで交換しておくと修理代を安くできますので弊社ではおすすめしております。

何度も修理業者を呼んで修理すると割高ですからね。

作業内容ですが、まずフロートゴム玉から交換します。

フロートゴム玉

劣化しているフロートゴム玉を見ると表面がざらざらしていて結構劣化していることがわかりますね。

新しいフロートゴム玉

劣化しているフロートゴム玉を取り出したら新しいものと交換します。

フロートゴム玉を交換したら次にボールタップの部品交換をします。

INAXのこのタイプのボールタップは内部のダイヤフラムを交換することができます。

ボールタップごと交換する方法でもいいですが、弊社ではこのタイプはダイヤフラムのみを交換しています。

ボールタップ内のダイヤフラム

ボールタップを分解して古いダイヤフラムを取り出します。

取り出したら新しいものと交換してボールタップを元に戻していきます。

部品交換が完了したら通水して、水漏れが直ったか確認します。

タンクに給水

タンクの給水が終わったら便器の中の水を確認します。

2分ほど眺めていましたが水が漏れてくることはありませんでした。

タンクの中も水の音がしていませんでしたので、これにて作業完了です!

作業後

修理作業完了後、お客様にも確認していただきました。

しかし、早急に水漏れに気が付けてよかったですよね。

水漏れは放置していても直ることはないですし、むしろ悪化していって水道代が高くなるだけですからね。

水道代はある程度減免してくれるとはいっても満額ではないですからね…

・漏水したときの水道代ってどれくらい?減免方法も解説します!

いつかは修理しないといけないので水漏れに気付いたときは早めに修理することで無駄に水道代を払わずに済みます。

皆様も水漏れに気付いたときは早めに対処してあげてくださいね。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約45分×2回、現場確認及び作業時間が約30分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+タンク内部部品交換(タンク脱着無し)5500円+追加修理作業3300円+材料代13750円=合計25850円です。

※材料代は当時の価格です。

・宝塚市のトイレ水漏れ修理のご案内はこちら >>

・トイレの料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

修理依頼はココをタッチ