S721のトイレタンクのレバーを回しても水が流れない?原因はフロートバルブの劣化でした【尼崎市でのトイレ修理】

2021年7月21日

S721のトイレタンクのレバーを回しても水が流れない?【尼崎市でのトイレ修理】

尼崎市次屋でトイレタンクのレバーを回しても水が流れないと修理依頼がありました。

ご依頼内容ですが「今まで使えていたトイレが急に使えなくなった。トイレのレバーを回しても水が流れてこなくて困っています。今はバケツに水を入れてそれを便器に流して対応しています。不便なので修理してほしい。」とのことでした。

このような症状で考えられるのは玉鎖が切れているかそもそもタンクに水が溜まっていないかのどっちかだと思われます。

現段階ではどちらか判断するのは難しいので急いで現場に向かいました!

S721のトイレタンクのレバーを回しても水が流れない?原因はフロートバルブの劣化でした【現場を確認】

現場に到着後、トイレを見させてもらいました。

レバーを回しても水が流れないトイレ
レバーを回しても水が流れないトイレ

この状態では何もわからないのでレバーを回してみました。

確かにスカスカですね。

全くなんの手ごたえもないです。

次にタンクの中を確認しました。

トイレタンク内部
トイレタンク内部

トイレタンクの中には水が入っていたので給水が問題ではなさそうです。

ということはフロートバルブに問題があるようです。

フロートバルブと玉鎖の接続部分が切れている
フロートバルブと玉鎖の接続部分が切れている

レバーに繋がっている玉鎖を引き寄せてみると玉鎖とフロートバルブを繋いでいる部分がちぎれていました。

ということはフロートバルブの劣化が原因ということですね。

まあでもこのフロートバルブは長い間頑張ったんでしょうね。

だいたい千切れる前に水漏れして交換しますからいい個体のフロートバルブなんでしょうね。

長い間お疲れ様でしたですね。

お客様に現状を見てもらってフロートバルブを交換する説明をして作業にはいりました!

レバーに繋がっているフロートバルブの交換作業

まずはアングル止水栓で止水してタンクの中の水を抜きます。

本来であればレバーを引いて排水するんですけど、今回は玉鎖がちぎれているのでタンクの中に手を入れてフロートバルブを引き上げて排水しました。

手がびちゃびちゃです(笑)

排水したらフロートバルブを取り出します。

玉鎖がちぎれたフロートバルブ
玉鎖がちぎれたフロートバルブ

次に適合するフロートバルブを取り付けます。

新しいフロートバルブ
新しいフロートバルブ
フロートバルブ交換後のタンク内部
フロートバルブ交換後のタンク内部

部品交換ができたらタンクの蓋を乗せてタンクに給水します。

タンクに給水
タンクに給水

タンクに水が溜まったらレバーを動かしてちゃんと排水されるか確認します。

無事に水が流れるようになったのでこれにて作業完了です!

フロートバルブ交換作業後

今回のようにフロートバルブを交換することはよくあることです。

我々水道修理業者は見たらだいたいの部品がわかりますが、滅多に修理することがない方は部品をどうやって探せばいいのかわからないですよね?

そんなときはタンクの品番を探しましょう。

TOTOのS721
TOTOのS721

今回の場合だとS721と書かれたシールが貼ってありました。

部品を探すときはこの品番をネットに打ち込みましょう!

だいたいの部品はわかるはずです。

これで今回のようなレバーを回しても水が流れない症状でも対応できるはずです。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約20分、現場確認及び作業時間が約20分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+タンク内部部品交換5500円+材料代1100円=合計9900円です。

※材料代は当時の価格です。

・トイレの料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ