品番がない(消えている)蛇口の水漏れ修理・サーモスタット混合水栓の交換【大阪市での蛇口交換作業】

2019年4月14日

品番がない(消えている)蛇口の水漏れ修理・サーモスタット混合水栓の交換【大阪市での蛇口交換作業】

大阪府和泉市池上町でサーモスタット混合水栓交換修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「お風呂の蛇口の水が止まりにくくなった、蛇口の先からずっと水が出ているときもあるので直してほしい」とのことでした。

これはよくある症状ですね。

お客様に蛇口を何年くらい使っているのか伺うと15年以上とのことだったので、今回の症状は納得です。

蛇口って10年使うと壊れてくるんですよ。

蛇口の個体差はあるので10年~20年くらいの間に修理が発生します。

今回の場合は内部部品の劣化が原因だと思われますね。

品番がない(消えている)蛇口の水漏れ修理・サーモスタット混合水栓の交換【現場を確認】

お客様からお電話をいただいてから急いで現場に向かいました。

現場に到着後、お風呂場の蛇口の切替ハンドルやサーモスタットを触って確認しました。

サーモスタットは問題ありませんでしたが、切替ハンドルに問題があり、内部部品が劣化していることがわかりました。

お客様に「ここが原因で水が止まりにくくなっています」と説明して、本体の品番を探しました。

が、品番がない!

そういえば15年以上使っているって言ってましたね…

長年使っていると品番が消えてわからなくなることがあるんですよね。

お客様に蛇口の品番がわからないことを説明して、本体交換しか方法がないことをお伝えしました。

すると「もう古いから蛇口を新しくしようと思ってたところやから交換しといて」と言ってもらえました。

なんだ…新しくしようと思っていたのね…じゃあ電話でそう言ってよ…と心の中でつぶやいていたことは秘密です。

てことでお客様に料金の説明をして作業に入りました。

作業内容

蛇口交換修理をする前にまずは止水して水が出ないようにしました。

元々付いていた蛇口

止水したらちゃんと水が止まったか確認して、蛇口本体を外しました。

蛇口本体を取ったらこんな感じ

次に偏心管を取り外しました。

偏心管を取るとこんな感じ

全て取り外したらあとは新しい蛇口を取り付けました。

新しい蛇口です
綺麗なので近くで撮ってみました
蛇口はTOTOのTMGG40E1

蛇口交換が終わったら接続部分から水漏れがないか確認して作業を終えました。

作業後

作業時間は30分程度でした。

本当は今回のような場合はカートリッジを交換して修理したいところなんですけど、蛇口の品番が消えちゃっているもんでどうしようもなかったです…

写真から判別してってのも考えたんですけど、経験上適合率が悪いんで探しても見つからないことが多いんですよ。

まあ結果としてお客様が「蛇口本体を交換して」って言ってくださったのでよかったですけどね。

やっぱり新しい蛇口はいいですね。

とても綺麗です。

蛇口は部品交換すれば長年使えるものなのですが、内部がどんどん汚れてきますので、ある程度使ったら交換をおすすめします。

外側は掃除すれば綺麗に出来ますけど、中は綺麗に出来ませんからね。

それに汚い水を使うのって嫌じゃないですか?

私は嫌なので蛇口から水漏れしたら、すぐ本体交換しちゃいますね。

皆さんも長年使っている蛇口があったら是非新しいものに交換してみてくださいね。

綺麗になって気持ちいいですよ。

それではまた更新しますね。

・大阪の水漏れ修理のご案内はこちら >>

・蛇口の料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ