尼崎市塚口町 トイレつまり修理 尿漏れパッド

2019年4月13日

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

さて今回は尼崎市塚口町でトイレつまり修理のご依頼をお受けしました。

トイレのつまりの原因は?原因別の改善方法

ご依頼内容ですが、「朝からトイレがつまって流れない、主人が尿漏れパッドのドロッとしたものを流したみたいでラバーカップをしてもつまりが直らないので直してほしい」とのことでした。

これはなかなかヘヴィなご依頼内容ですね。

ローポンプで引っ張り出せればいいですけど、出てこないことがほとんどでしょうし便器を脱着するしかないかもの事案です。

とりあえず現場を見てみないとよくわからないので現場に急行しました。

現場に到着後、便器内にゆっくり水を流してつまり具合を見ました。

経験上便器内にパンパンにつまっているであると予想されるくらい水が一切流れませんでした。

お客様とお話をして、どんなものが流れたのか、何時くらいに流したのかなどなどお伺いしました。

流したものは尿漏れパッドの尿を吸い取る部分だそうで、流したのは私が到着する3時間前程だと思うとのことでした。

いやー正直今回のつまりはなかなか手強そうです。

もう便器の中でパンパンに膨れて動かないのではないかと想像出来ました。

まあでもやってみないとわからないので、お客様に作業内容と料金の説明をして作業に入りました。

作業内容

まずローポンプ作業をすることにしました。

便器脱着を先にしてしまうのが一番直すには手っ取り早い方法でしたが、「直る可能性が低くても一番安いやつでやって!」とお客様に言われてしまったのでローポンプ作業をすることになりました。

まあ正直自信はなかったんですよね。

お客様にはほんまに取れる自信ないですよって説明したんですけど、それでもいいからって言うんでね…

とまあこんな感じでローポンプ作業をやっていきました。

↑とりあえずシュポシュポ

初めの何回は本当に固くて全くものが動かなかったんですよ。

軽く10分くらいはやったんですかね?

ほんまにあかんわって諦めかけたときに、ズズっと手応えがあったんですよ。

「流れた?」となりながらローポンプを抜いてみてもまだ詰まったまま…

でも動いたのでもうちょっとやってみることに。

するとすごい手応えがして、「これは直った!」と思いローポンプを上げると一気に水が流れていって変わりに異物が姿を見せました。

↑これが流れたもの?

でかすぎません?

こんなもの流したらつまるに決まってるでしょう!

まあ流したときはかなり小さかったんでしょうけど。

大きさがいまいち伝わっているかわからないので、遠目で撮った写真を御覧ください。

↑もう一度いいますけど、でかすぎません?

とまあこんな感じでつまりを直しました。

作業後

作業時間は20分程度でした。

いやーでかかったですね。

そしてすごく疲れましたね。

お客様は安く上がったと大変喜んでいましたけど、ほんと直ってよかったですね。

本来なら便器脱着するようなつまり修理ですよ。

皆さんは尿漏れパッドやナプキンをつまらせたら素直に便器脱着してくださいね。

今回はほんと奇跡ですからね。

トイレつまり修理なら尼崎市のレオンメンテナンス

トイレつまり修理の料金はこちら

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談