洗面の蛇口(FB244-007)のレバーの下から水漏れしていると修理依頼がありました【伊丹市での蛇口交換作業】

2022年3月17日

伊丹市桜ケ丘で洗面の蛇口のレバーの下から水漏れがしている症状の修理をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「洗面の蛇口のレバーの下からずっと水が漏れている。お湯と水を調整するレバーと水が出てくるところが分かれていて洗面台から2本出ているタイプのものです。かなり使っているので蛇口の交換をお願いしたいです。」とのことでした。

依頼のタイミングで蛇口を交換してほしいとは賢明ですね。

もしかしたら誰かに言われたんですかね?

そのへんも後で聞いてみるとしましょう!

それでは現場に急行です!

レバーの下から水漏れしている現場に到着

現場に到着後、洗面を見せてもらいました。

現場の洗面
水漏れしているレバー

レバーにタオルが巻かれていますね。

気になるほどの量漏れていたんでしょうね。

この状態だと何もできないのでとりあえずタオルを外します。

FB244-007

タオルを外すと品番がありましたので撮っておきました。

FBって書いてあるんでMYMかな?

MYMは2008年に事業撤退しているんでこの蛇口は2008年以前に作られたモデルってことになりますね。

うん。蛇口本体の交換時期ですね。

お客様から蛇口本体の交換依頼を受けておりますので、サクッと交換していきましょう!

洗面の水栓本体交換作業

洗面の収納スペースの中

まずはアングル止水栓を締めて止水します。

水が止まったことを確認したら逆止弁を外します。

逆止弁の取り外し

逆止弁を外したら蛇口を固定しているナットを外して蛇口本体を取り外します。

蛇口の裏
蛇口の取り外し

蛇口を取り外したら取付穴の周りを綺麗にします。

どうしてもここは汚れてしまうんですよね。

蛇口を取り外した時しか綺麗にできないのでついでに綺麗にしておきます。

ちなみに写真は綺麗にした後に撮っています。

取付穴の周りを綺麗にしたら新しい蛇口を取り付けます。

新しい蛇口

蛇口を固定したら給水管に逆止弁とホースを取り付けます。

逆止弁とホースの取り付け

交換が完了したら通水して問題がないか確認します。

逆止弁の締め込みとかが浅いと水漏れすることがあるのでしっかりと確認します。

しつこく確認しましたが水漏れ等はなかったのでこれにて作業完了です!

作業完了後に話を聞いてみた

電話で蛇口交換の依頼をされたのでそれについて聞いてみました。

「初めは大手水道修理屋さんに見てもらったんですよ。そしたら蛇口の交換が必要だって言われて、その金額が高かったんですよ。なのでネットで色々調べて御社に値段とか聞いてみたんです。他の業者さんは電話で料金は教えてくれなかったけどレオンさんは教えてくれたから安心できたので依頼しました。」とのことでした。

なるほど。やはり他に現場を見た人がいたんですね。

その時の説明に納得したから初めから本体交換を依頼してきたってことですね。

ちなみにですが、ポップアップの色が悪いからなど他の箇所も部品交換してほしいと言われたんです。

でも、そこまでするんだったらリフォームした方がいいと思ってそのことを説明しました。

元々は蛇口もグレードが高いやつを付けたいと言っていたので見積りも結構出したんですけど、ポップアップの話を聞いたのでリフォームの説明(安い蛇口をとりあえず交換)をしたら「じゃあ、とりあえず水が出たらいっか!」となりまして(笑)

そのうちリフォームするとおっしゃっていたのでその方がいいですよね。

我ながらいい提案をしたもんだと自画自賛です(笑)

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約40分、現場確認及び作業時間が約45分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+混合水栓交換作業費(台付)13200円+材料代16500円=合計33000円です。

※材料代は当時の価格です。

・伊丹市の蛇口水漏れ修理のご案内はこちら >>

・蛇口の料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

修理依頼はココをタッチ