TCF943LEのチェーンが切れて水が流せない症状の修理をお受けしました【伊丹市でのトイレ修理】

2022年8月7日

伊丹市西台でトイレの部品交換のご依頼がありました。

ご依頼内容ですが「トイレのチェーンが切れて水が流せなくなった。別の業者さんに見てもらったのですが、もう廃盤で部品がない。便器ごと交換するしかありませんと言われました。タンク品番はTCF943LEなのですが部品修理で対応できますでしょうか?」とのことでした。

部品修理ができるかどうかですが、現在は部品がまだ製造されているので対応可能です。

このときは部品を在庫していたので、すぐに対応することになりました。

タンクのチェーンが切れて水が流せない現場に到着

現場に到着後、トイレの中を見せてもらいました。

現場のトイレ

現場のトイレはタンク一体型でした。

最近結構このタイプのトイレの修理にあたるんですよね。

故障する時期になってきたんでしょうね。

このタイプではよくチェーンが切れる現象と排水弁が原因の水漏れにあたります。

今回もチェーンなので故障の時期なんでしょうね。

タンク内部

タンク内部はこんな感じです。

お客様とお話すると「別の業者さんに便器を交換しないといけないと言われたんですけど、そんなお金ないって言ったらチェーンのところをタコ紐で結んでくれた」とおっしゃっていました。

タコ紐で結んである

確かにチェーンのところを見るとタコ紐で結んでいます。

これだと当分切れることもないと思うので、このままでもいいのでは?と思ったのですが、部品で直せるならそっちの方が安心だからと部品交換を希望されました。

ちなみに品番ですが

タンク品番

TOTOのTCF943LEです。

現場確認もできましたし、さくっと修理しちゃいましょう!

内部部品の交換作業

まずは止水栓を締めてタンクに給水する水を止めます。

水が溜まっているタンク内

タンクの中の水を溜めたまま作業してもいいんですけど、万が一給水がちゃんと止まってなかったら作業中に給水し始めてえらいことになるので、止水したらタンクの水を先に抜きます。

タンク内の水を抜いたら、排水弁とチェーンを外します。

排水弁の取り外し

ついでなのでパッキンの劣化具合も確認。

排水弁のパッキン

パッキンも結構劣化してますね。

これはそのうちここが原因で水漏れし始めるやつなので、どのみち交換になってましたね。

いいタイミングです!

排水弁を取り外せたら、タンク内部の汚れを綺麗にして新しい排水弁を取り付けます。

新しい排水弁の取り付け
タンクの底

新しい排水弁とチェーンの取り付けができたら通水して、ちゃんと弁が機能するか確認します。

通水

2、3回ほど排水させてみて問題がなかったのでこれにて作業完了です!

作業後

作業後はお客様にも確認してもらいました。

「ちゃんとレバーが動くようになってる!部品交換で対応していただきありがとうございます!」と喜んでいただけました。

ちなみにですが、お客様と少し雑談もしていたのですがその時に別の業者さんってどこなんだろうと思い聞いてみると、なかなか衝撃的な答えがありました。

ここでは名前を出すことはできませんが、かなり大手ですがこんなこと言うんだって印象でした。

外したチェーン

ちなみにクラ〇アンさんとかイー〇マイルさんではないです。

まあでもタコ紐で結んだのは応急処置としてはいい判断だと思います。

これでまた使えるようになりますし、何よりタコ紐が緩んでいなくてギュッとしっかりと結んであったんですよね。

私は結ぶのへたくそなので、ちょっと感動しました(笑)

部品を持っていないときの対処法として私もタコ紐を用意しておくようにしようと思った一日でした。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約40分、現場確認及び作業時間が約30分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+タンク内部部品交換(タンク脱着無し)5500円+材料代3300円=合計12100円です。

※材料代は当時の価格です。

・伊丹市のトイレ修理のご案内はこちら >>

・トイレの料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

修理依頼はココをタッチ