SH221BASのTOTO製タンクの水が止まらない!排水パッキンが原因の水漏れ修理


こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

今回は、西宮市甲子園浦風町でトイレの水漏れ修理のご依頼をお受けした内容です。

ご依頼内容ですが、「TOTOのSH221BASのロータンクの水がずっと便器に流れている。違う業者に見てもらったら、大のパッキンを交換する必要があると言われた。修理をお願いしたい。」とのことでした。

違う業者が言ってた大のパッキンってなに?

これは疑問ですよね。

またよくわからないこと言っていらんことしようとしたでしょ!って感じですよね。

変な業者にはご注意を。

品番もわかったので部品を用意して、現場に向かいました。

現場に到着

水漏れしているトイレ

現場に到着して、トイレに案内してもらいました。

トイレ内に入ると静かにピチャピチャと音がなっていて、便器の中の封水が動いていました。

TOTO製ロータンクSH221BAS

水漏れしていることを確認して、お客様から教えてもらったタンクの品番が合っていることも確認。

電話で聞いてる内容で間違いなければ、持ってきた部品で対応可能です。

それでは、修理していきましょう!

修理内容

タンクの蓋を外した状態

まずはタンクの蓋を外します。

タンクは陶器で出来ているので、狭い場所に置いていると当たって割れてしまうかもしれないので、トイレの外へ。

内部樹脂タンクの蓋を外した状態

次に内部樹脂タンクの蓋?カバー?を取り外します。

内部樹脂タンクとは陶器のタンクの内側のプラスチックのような素材のタンクのことです。

制御筒取り外し後

作業に没頭しすぎて、途中の写真を取り忘れてしまいましたが、レバーを外して、制御筒を取り外します。

制御筒は左に回したら取れます。

劣化しているパッキン

制御筒が取れたらパッキンを新しいものに交換します。

写真のパッキンは交換前の劣化しているものですが、ぱっと見劣化しているように見えないんですよね。

でも触ったら、手が黒くなったので劣化していることは間違いないです。

あ!あとこれが噂の大のパッキンです。

これが大だとすると小のパッキンはどれ?ってことになるんですけど、どこを探しても小のパッキンなんてなかったです。

なんだかよくわからないですね。

パッキン交換後のトイレ

パッキンを交換したら、外した部品を元に戻してちゃんと動作するか確認。

動作確認も大丈夫で水漏れも無事に直ったので作業完了です!

作業後

作業時間は20分程度でした。

作業後はお客様と少しお話をしました。

そこで疑問だった初めに見てもらった違う業者になぜ修理してもらわなかったのかを聞いてみました。

「話し方が胡散臭くて、服も汚くてこの人に修理して欲しくなかった。あと、他と比較してないけど料金が高い気がした。」とのこと。

なるほどって感じでしたね。

ちなみにうちに依頼した理由は電話対応が良かったそうです。

作業員と直接話せて、その作業員の印象がよかったからってことなんですけど、そんな丁寧な喋り方はしてませんよ?

というか出来ません。(汗)

コールセンターとかで働いたことないんで、そんなスキルはないんです…

まあ、乱暴な喋り方はしてないと思うのでそれが良かったんですかね?

そのへんはお客様の感じ方でしょうから、私にはわからないところです。

またよかったらうちを使って下さいですね!

それではまた更新しますね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談