蛇口のハンドルを力いっぱい回したけど水が止まらないを修理【大阪での蛇口水漏れ修理】

2019年4月22日

蛇口のハンドルを力いっぱい回したけど水が止まらないを修理【大阪での蛇口水漏れ修理】

大阪府和泉市池上町でキッチン2ハンドル混合水栓の水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「キッチンの蛇口の先から水漏れしている、ハンドルを回せるだけ回したけど水が止まらないから直して欲しい」とのことでした。

今回はハンドルタイプのようなのでパッキン交換でなんとかなりそうですね。

シングルレバーとかサーモスタットになるとカートリッジ交換しないといけないので品番が必要になりますが、ハンドルタイプは共通のパッキンなので楽ですね。

ただ、今回気になるのは「ハンドルを回せるだけ回したけど水が止まらない」って部分ですね。

これはもしかしたら本体がもうダメかもしれないです。

パッキン交換してみてダメだったら本体交換しか修理方法がないやつです。

どうなるかはわかりませんが、修理に向かいました。

蛇口のハンドルを力いっぱい回したけど水が止まらないを修理【現場を確認】

現場に到着後、蛇口の先を見てみました。

こんな感じで水は止まっていました

しっかりとハンドルが締まっているのか水漏れはしていませんでした。

ですが、蛇口の水側はちょっとでも緩めると水漏れするのは確実だとお客様に言われました。

なので水側のパッキンから交換することにしました。

蛇口水漏れ修理・パッキン交換作業

今回はシンクの下に止水栓がなかったので、メーターのバルブを締めて止水しました。

止水を確認後、蛇口本体のハンドルをばらしていきました。

水側を分解

分解後、蛇口本体の中にパッキンがいるので、それを取り出して見てみました。

これが入ってました

ゴムの部分がかなり固くなっていて、かなり劣化していることがわかりました。

なので新しいパッキンに交換しておきました。

蛇口水側の交換が終わった後、お湯側も水漏れしていたのでパッキン交換しました。

※ちゃんとお客様には蛇口お湯側のパッキン交換することを説明しています。

こっちが蛇口お湯側です

さてさてどちらも交換しましたがこれで水漏れは直ったのでしょうか?

水を出してみたらわかることですので、メーターのバルブを開けていざ確認!

水漏れが直っていない…

うわぁぁぁぁぁぁ!蛇口の先から水が出てるぅぅぅぅぅ!

はい。直りませんでしたね。

なんだかそんな気がしましたよね。

お客様に水漏れが直らなかったことを説明して、蛇口本体を交換する必要があることも説明しました。

すると「さすがにこんなに漏れていたら本体交換するしかないね」とおっしゃっていただけましたので蛇口本体を用意して再度訪問することになりました。

ツーハンドル混合水栓交換修理作業

新しい蛇口を用意して、再びお客様宅にお伺いしました。

作業内容ですが、前回と一緒でまず止水します。

止水を確認したら、キッチンの下の給水と給湯を本体から取り外します。

キッチンシンクの下

給水と給湯を外したら蛇口本体を固定している袋ナットを取り外して、キッチンから蛇口本体を取り外します。

蛇口を取り外した後

あとは取り外したときと逆のことをして新しい蛇口を取り付けます。

新しい蛇口

交換が終わったら、接続部分から水漏れがないことを確認して作業完了です!

作業後

いやはや、やはり長く使っている蛇口の水漏れは直せないことがありますね。

なんでもパッキン交換で直るわけではないですよ。

よくパッキンを交換したら直るでしょとお客様に言われるんですけど、直せないものもあります。

使い方にもよりますが古い蛇口だとほぼ直せないと思っていただいていいでしょう。

そんなときは蛇口本体を交換してくださいね。

しかし、新しい蛇口のハンドルを回しましたが気持ちいですね。

新品なのでちょっと締め込んであげれば水が止まるんですよ。

やっぱり新しいっていいですね。

是非ハンドルが固くなった蛇口をお使いの方は新しくしてみてくださいね。

とても気持ちいいですよ!

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約1.5時間×2回、現場確認及び作業時間が約45分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+混合水栓交換(デッキ)13200円+材料代11000円=合計27500円です。

※材料代は当時の価格です。

・大阪の水漏れ修理のご案内はこちら >>

・蛇口の料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ