3点式ユニットバスのタンクの中からずっと水の音が聞こえる【大阪市でのトイレ水漏れ修理】

2019年3月9日

3点式ユニットバスのタンクの中からずっと水の音が聞こえる【大阪市でのトイレ水漏れ修理】

大阪市港区八幡屋でトイレ水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「トイレタンクの中からずっと水の音がする、便器の中の水がずっと動いているので直してほしい」とのことでした。

今回のような場合はきっと、フロートバルブかボールタップが故障して水漏れしている可能性がありますね。

ただ、タンクがINAX製だとオーバーフロー管が折れていることが原因で水漏れしているかもしれないのでお客様の説明だけで判断せずに現場で判断しないと正確にはわかりません。

なので実際に現場に向って確認することにしました。

3点式ユニットバスのタンクの中からずっと水の音が聞こえる【現場を確認】

現場に到着後、便器内とタンク内を確認してみると便器内にチョロチョロと水が漏れていて、タンク内のボールタップからも水がちょろちょろ漏れていました。

今回の原因はフロートバルブが劣化したことによる水漏れだとわかりました。

タンク内はこんな感じで、フロートバルブがかなり劣化しています

フロートバルブを交換するだけで今回のトイレ水漏れは直るのですが、ボールタップも交換時期になっていましたのでついでに交換することをお客様におすすめしました。

お客様が「ついでに交換してくれ」と言ってくださったので、どちらも交換することになりました。

作業内容と料金の説明をして作業に入りました。

修理作業内容

まずトイレへ給水する水を止めるためにアングル止水栓で止水しました。

写真左下にアングル止水栓があります

次にボールタップ、フロートバルブを外して、フロートバルブ→ボールタップの順番に新しいものに付け替えました。

ボールタップを交換するついでにヘリューズ管とボールタップの間にあるパッキンも交換しておきました。

もちろんこれは勝手にやったことなのでサービスです

あとはアングル止水栓を開けて、接続箇所に水漏れがないことを確認して、便器内とタンク内に水漏れがないことを確認しました。

問題なく水漏れが直ったので、お客様にも確認してもらい作業を終えました。

新しくなったフロートバルブです

作業後

作業後の便器内
作業のタンク内

今回のお客様は聴覚障害を持っている方のようで代理人の方から依頼を受けて修理をしました。

電話では代理人との方から問い合わせをいただいたのですが、現場ではご本人さんだけしかおらず、「料金の説明とかどうしよう…」と思ったんですよ。

なのでこんなときは万国共通の行動ジェスチャー!

私は一生懸命「トイレが水漏れしている」「便器の中に水が出ている」「タンクの中も水漏れしている」手や体で表現しました。

きっと伝わったと思うのですが、「そうそう」と首を振ってくれたのでここが気になるのだと判断しました。

そのあと「こことここを替える」「これが故障している」とジェスチャーで伝えました。

これもうまいこと伝わりなんとか作業が出来ました。

人間言葉がなくてもなんとかなるもんです。

最後に「ありがとう」と何度も伝えてもらえました。

とても気持ちよく修理させてもらえてこちらこそありがとうございますですよ。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約40分、現場確認及び作業時間が約30分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+タンク内部部品交換(タンク脱着無し)5500円+追加修理作業3300円+材料代6600円=合計18700円です。

※材料代は当時の価格です。

・大阪市の水漏れ修理のご案内はこちら >>

・トイレの料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ