お風呂のシャワーヘッドを交換しても水漏れが直らない 温度調節も故障|西宮市常磐町

2018年11月7日

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

さて今回は西宮市常磐町でお風呂の蛇口交換のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが「お風呂のシャワーヘッドから水がずっと漏れている、シャワーヘッドを交換しても漏れてくるし温度調節も壊れているので交換してほしい」とのことでした。

現場を確認するとシャワーヘッドから下に垂れ落ちるように水が漏れており、温度調節機能のハンドルのカバーも外れていました。

こうなると部品交換より本体交換の方がいいのでお客様に本体交換で修理されてはどうかとお伝えしました。

お客様もその方がきれいになるからそうしてくださいとのことで作業内容と料金の説明をして、作業に入りました。

作業内容と修理方法

作業内容ですがまず水道メーターの横にあるバルブを締めて、家に給水する水を止水します。

止水をし忘れていると、作業中に水浸しになるので必ず止水してくださいね。

蛇口をひねって止水を確認したら蛇口本体と偏心管を繋いでいるナットを外して本体を取ります。

次に偏心管を反時計回りにまわして、偏心管を取り外します。

偏心管を取ると壁に給水管があるので、給水管の中を綺麗にします

給水管の中を綺麗にする作業を怠ると、水漏れの原因になるので必ずしてくださいね。

綺麗にしたら新しい偏心管にシールテープをきつく巻き付けます。

これでもかってくらいきつく巻いてくださいね

次に偏心管を給水管に繋げますが、ゆっくりと回してください

最後に新しい本体を偏心管に取り付ければ交換作業完了です。

あとはちゃんと水が出るかと水漏れしていないかの確認をしてお客様にも見てもらいました。

特に問題はなかったので作業は完了です。

※ご自身で交換作業をされる場合は、上記の赤文字の部分は必ず注意してください。

水漏れや給水管が割れる原因になるので、慎重に作業を行ってください。

修理後

作業時間は30分程度でした。

サーモスタットのカバーって使ってると外れるんですね。

てことは結構長く使っているんですね。

いい個体にあたったんですね。

物が長持ちすることはいいことですよね。

今回は本体を交換しましたが、蛇口の品番がわかれば部分的に修理することもできました。

ですが品番がわからないのと、かなり長い間使われていたので、本体を交換して正解だったと思います。

いくら長持ちする蛇口でもいろんな箇所が劣化するので、個別に直していくと高くなってしまいます。

なので状況にもよりますが、今回のように長い間使っている場合は本体ごと交換したほうがお得ですよ。

ちなみになんですが、洗濯機用の蛇口も水漏れしていて直してほしいと言われたのでパッキンも交換しときました。

これはサービスしておきました。

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談