トイレタンク内で水漏れ オーバーフロー管を触ると動く?|伊丹市東野

2018年10月28日

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

さて今回は伊丹市東野でトイレの水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが「母の家のトイレで水がちょろちょろと漏れているので見てほしい」とのことでした。

現場を確認すると内部部品が古く、ひと目で劣化しているのがわかりました。

しかし水漏れの具合が不自然で少し様子をみることにしました。

見ているだけではよくわからなかったので内部部品を少し触ってみることにしました。

するとオーバーフロー管が少し動いたのでこれはおかしいと思いオーバーフロー管を上から覗いてみることにしました。

ライトを当てながら確認するとオーバーフロー管が割れていると思われる場所から水がちょろちょろと流れ出ていました。

そこでお客様に確認してもらい、何が悪いのかを説明して作業に入る了承を得ました。

作業内容

タンク内部のイメージ画像

まず、タンクの中の水を抜いてタンクを外します。

外したら床においてタンクの裏に締め付けているナットを外してオーバーフロー管を取り出します。

タンク脱着のイメージ画像

新しいものを入れたら便器に戻して固定します。

今回はボールタップもついでに交換してほしいとお願いされていましたのでボールタップも交換しておきました。

作業後

作業時間は30分くらいでした。

タンクを外すときは緊張しますよね。

タンクだけに限らず便器を外すときも緊張します。

なんたって陶器ですからね。

陶器はちょっとした衝撃で割れたりするんですよ。

なので陶器と陶器があたった瞬間とかたまに割れますよ。

いつも陶器を手に持っているときはゆっくり動くようにしています。

落としたら一撃で終わりですからね。

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談