トイレタンクの中から水の音が聞こえる症状を修理しました【尼崎市でのトイレ水漏れ修理】

2018年9月23日

トイレタンクの中から水の音が聞こえる【尼崎市でのトイレ水漏れ修理】

尼崎市築地でトイレの水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが「トイレのタンクの中で水の音がします。中を見てみると水がちょろちょろと出ていました。なので水が出ているところの浮き球に紐をくくりつけて水を止めています。修理をお願いします。」とのことでした。

このような症状から原因を考えるとフロートバルブかボールタップが故障していますね。

もしくはどちらもが原因で水漏れしています。

これは電話では確認しようがないので現場に急行して確認しましょう!

トイレの水漏れの原因と改善方法

トイレタンクの中から水の音が聞こえる症状を修理しました【現場を確認】

現場に到着後、トイレを見させてもらいました。

現場のトイレ
現場のトイレ

お客様がおっしゃるようにトイレに入るとかすかに水の音が聞こえてきました。

トイレタンクの中で水漏れしているとのことなのでタンクの中を見てましょう。

トイレタンク内部
トイレタンク内部
紐で縛っているボールタップ
紐で縛っているボールタップ

タンクの中を見ると水がほとんどありませんでした。

ということはフロートバルブが原因で水漏れしていたようです。

原理としてはフロートバルブが劣化することでタンクの水が便器に流れ出てしまいます。

水が便器に流れることでタンクの水位が下がります。

水位が下がるとボールタップから給水が始まります。

これが今回の原因です。

ただ、ボールタップも使用期間が長そうなのでそろそろ交換時期です。

お客様に一緒に交換することを提案してどちらも交換することになりました。

トイレ水漏れ修理作業

まずアングル止水栓でタンクに給水する水を止めます。

給水を止めたらボールタップとフロートバルブを取り出します。

ボールタップとフロートバルブを取り外し
ボールタップとフロートバルブを取り外し
取り外し後のタンク内
取り外し後のタンク内

フロートバルブがかなり劣化していてゴムが溶けだしています。

この溶けたゴムを素手で触ると爪の間が黒くなります。

私はそれが嫌なのでいつもゴム手袋をしています。

もしご自身で交換される方がいらっしゃったらゴム手袋をすることをおすすめしますよ!

取り外しができたら先に新しいフロートバルブを取り付けます。

新しいフロートバルブの取り付け
新しいフロートバルブの取り付け

フロートバルブを取り付けしたら次にボールタップを取り付けします。

新しいボールタップの取り付け
新しいボールタップの取り付け

新しい部材を取付したら通水します。

通水
通水

通水したらちゃんと水が止まるか、水漏れがないかをしっかりと確認します。

たまにゴミがかんだりして水漏れが直っていないことがありますからここの確認は大事です。

何度も確認しましたが水漏れはしていなかったのでこれにて作業完了です!

トイレ水漏れ修理作業後

今回のご依頼主はアパートのオーナー様でした。

前の入居者が退去後にオーナー様が水漏れに気付いたようで先に掃除をしたようでした。

なので便座の蓋に「使用不可」と書かれていました。

基本ご自身で退去後の掃除などをしているようなのですが、水道は触れないからと依頼されたようです。

また何かありましたらよろしくお願い致しますですね。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約20分、現場確認及び作業時間が約20分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+タンク内部部品交換(タンク脱着無し)5500円+追加修理作業3300円+材料代5500円=合計17600円です。

※材料代は当時の価格です。

・尼崎市のトイレ水漏れ修理のご案内はこちら >>

・トイレの料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ