洗面の蛇口のレバーの下から水漏れ【尼崎市での蛇口交換作業】

2018年9月17日

尼崎市東難波町で洗面の蛇口交換修理に行ってきました。

ご依頼内容ですが「洗面の蛇口のレバーの下から水漏れしている。部品は用意したけど自分では作業できないから部品交換をしてほしいです。」とのことでした。

今回の施工事例の内容は洗面の蛇口の交換作業です。

それでは詳しい作業内容を見ていきましょう!

洗面の蛇口のレバーの下から水漏れ【現場を確認】

現場に到着後、洗面を見せてもらいました。

現場の洗面
現場の洗面

蛇口のレバーの下から水漏れしているとのことなので確認してみました。

レバーの下から水漏れ
レバーの下から水漏れ

しっかりと水漏れしていますね。

この場合レバー側の中にあるカートリッジとよばれる部品を交換するとこの症状は解消されます。

ただ、その部品を交換するにも部品を用意する必要がありますよね。

品番
品番

今の蛇口は昔の蛇口と違ってパッキンでは直らないのです。

なのでこの蛇口に適合する部品を用意する必要があるのですが、それを探すために品番がいるんですけど読めない…

部品はお客様が用意しているのでいいんですけど、これどうやって読んだんでしょうか?(笑)

まあそんなこと考えても仕方ないので早速レバーを外してカートリッジを交換していきましょう!

レバー取り外し後
レバー取り外し後

カバーナットが外れない!

このカバーが外れればカートリッジは交換出来るんですけどそのカバーナットがガチガチに固着していました。

まあこれはよくあることで、長い間使っていると固着して引っ付いてしまうんです。

外れるものもあれば今回のように全く動かないものもあります。

色んな道具を使ってやってみましたけど、ダメだったのでお客様に説明して蛇口本体を交換することになりました。

洗面の蛇口の交換作業

まず、洗面下にあるアングル止水栓を締めて止水します。

止水ができたら給水管・給湯管に接続されているホースを外して、洗面台から蛇口本体を取り外します。

蛇口本体の取り外し
蛇口本体の取り外し

蛇口本体を取り外したら取付穴の汚れを拭き取ります。

取付穴の回りをきれいにする
取付穴の回りをきれいにする

取付穴の回りは蛇口を外したときしかきれいにできないので、お客様には見えないところかもしれませんがきれいにしておきます。

次に新しい蛇口本体を取り付けます。

新しい蛇口本体の取り付け
新しい蛇口本体の取り付け
SANEIのK37610EJV-13
SANEIのK37610EJV-13

新しい蛇口本体が取り付けできたら通水して水漏れがないか確認します。

新しい物と交換したりすると給水部分から水漏れしたりするのでしっかりと確認しなければいけません。

水漏れはなかったのでこれにて作業完了です!

洗面の蛇口の交換作業後

いやーカバーナット外したかったですね。

下で抑えるところがあったら外れたかもしれませんね。

カバーナットを外そうとしたら土台ごとクルクルと回りだしたんですよね。

こうなるとお手上げですよね(笑)

まあ蛇口も「これだけ長い間使われたんだから交換してくれ!」と言っていたのかもしれません。

長い間お疲れ様でしたですね。

今回のように蛇口が分解できなかったら蛇口本体交換をするしか方法がありません。

なので皆さんも部品交換をしてみたけどできなかったら本体を交換してくださいね!

それではまた更新しますね!

・尼崎市の水漏れ修理なら水道修理のレオンメンテナンス

・蛇口の料金表〜蛇口の水漏れ修理 お任せ下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談