洗濯機用水栓の水漏れ修理【蛇口のハンドル付近から漏れている】

2018年7月30日

尼崎市武庫之荘で洗濯機用水栓の水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが「洗濯機用の蛇口から水が漏れている。蛇口のハンドルの下あたりから水漏れしているように見える。修理してほしい。」とのことでした。

このような症状の場合、三角パッキンが劣化していると考えられます。

水栓の上部にナットがあり、その中にパッキンが入っています。

このパッキンが劣化することによりハンドル付近から水漏れがします。

きっとこのような状態だと思われます。

正確には見てみないとわからないことですから早速現場で確認してみましょう!

洗濯機用水栓の水漏れ修理【現場を確認】

現場に到着後、洗濯機用水栓を見せてもらいました。

洗濯機用水栓
洗濯機用水栓

水漏れするからとハンドルを閉めていたようなので開けて水漏れ箇所を確認しました。

確かにハンドルの下から水漏れしていたのですが、スパウトの根元からも漏れているように見えたのでしっかりと確認。

タオルでふき取って指で水漏れしているか確認したところスパウトの根元からも漏れていました。

お客様に見てもらいながら症状と作業内容、料金を説明しました。

納得いただけたので作業にはいりました!

洗濯機用蛇口水漏れ修理作業

蛇口を分解する前にバルブを閉めて止水しました。

止水を確認したら蛇口をばらしていきます。

スパウト取り外し後
スパウト取り外し後

どちらからでもいいのですが、今回は先にスパウトから外しました。

スパウトを取り外して内部のパッキンを交換します。

交換する箇所
交換する箇所

パッキンを交換したら蛇口本体に戻します。

次にハンドルを外して内部部品を取り出します。

蛇口の分解
蛇口の分解

今回、ケレップは水漏れの原因ではないので交換しなくてもいいのですが、分解したのでついでに交換しときました。

ケレップの交換
ケレップの交換

ちなみにケレップとはコマパッキンのことです。

私はケレップで習ったのでケレップと言っていますがホームセンターなどではコマパッキンと書いています。

ケレップを交換したら三角パッキンを交換しました。

三角パッキン
三角パッキン

写真を見てもらえるとわかると思いますが、三角パッキンがちぎれています。

これは取り出すときにあまりの固さに無理やり引っ張り出したらちぎれてしまったのです。

それくらい硬化していたということです。

ここまで固くなってしまうとパッキンとしての機能はほとんどないのでそら水漏れしますね。

パッキンを全て交換したら蛇口を元の状態に戻して水漏れが直ったか確認します。

確認ができたら作業完了です!

水漏れ修理作業後

今回触った蛇口は部品が共通なので部品交換で水漏れを直すことができるタイプでした。

最近の蛇口はカートリッジが入っているので専用部品がために部品が生産終了してしまうと修理ができません。

最近の蛇口は見た目が格好いいですが修理にはむきませんね。

その点昔の蛇口はかっこよくはないかもしれませんが長持ちするので私個人的にはすごくいい蛇口だと思っています。

しかし、使い方が悪いとこの蛇口もすぐにだめになってしまいます。

その原因はパッキンをこまめに変えないことで硬化したパッキンが蛇口本体を傷つけることです。

もちろん永久的に蛇口は使えるものではないのでいつかは本体交換しないといけないのですが、少しでも長持ちさせたいですよね?

パッキンをこまめに交換しておくと、かなり長持ちするので、水漏れを発見したらきつく締めずにすぐに交換してくださいね。

それではまた更新しますね!

・尼崎市の水漏れ修理なら水道修理のレオンメンテナンス

・蛇口の料金表〜蛇口の水漏れ修理 お任せ下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談