マンションの天井から水漏れ【天井裏給湯管漏水修理】

2018年5月23日

尼崎市西難波の銅管の水漏れ修理のご依頼を受けました。

ご依頼内容ですが、「天井から水が漏れている。場所は洗面の真上でその横のユニットバスの天井からも漏れている。電球のかさ?シェード?にも水が溜まっている。修理してほしい。」とのことでした。

これは何やらおおごとになりそうな予感がしますね。

汚れる覚悟をして行かなければなりませんね…

それでは現場に急行しましょう!

マンションの天井から水漏れ【現場を確認】

現場に到着後、漏れている場所に案内してもらいました。

洗面化粧台の真上の天井
洗面化粧台の真上の天井

「この天井からボタボタと水漏れがするんです。」とのことでしたので脚立にのぼって天井を触ってみるとめちゃめちゃ湿っていました(汗)

この天井についている電球のかさの中も見ましたけどかなり水が溜まっていて、後ほど漏水が原因で電気がつかなくなりました(汗)

ユニットバスの天井からも水漏れしているとのことなのでそちらも見てみることに。

ユニットバスの天井
ユニットバスの天井

ユニットバスの天井の点検口から中を覗いてみます。

天井裏
天井裏

ここからだとどこが漏水しているのかわかりませんか写真の赤矢印が銅管なのでこれが漏水の原因である可能性が高いですね。

ただ漏れている箇所がわからないので正確ではありませんが。

天井を破って確認

このままだと修理もできませんし、何より漏水箇所がわかりません。

なのでお客様に許可をもらって洗面化粧台の上の天井を破ってみました。

破った天井
破った天井

ここが一番水漏れしているとのことだったのでここから中を見てみました。

銅管と給水管
銅管と給水管

登ってみると銅管と給水管があったので銅管は被覆をめくって漏水箇所を確認しました。

漏水箇所
漏水箇所

すると写真の赤丸の部分から水が漏れてきました。

漏水箇所が見つかったので一安心かと思いきやここはどうやって修理するの?

銅管のエルボのところを修理しないといけないんですけど、これ木が邪魔で作業ができない…

木を切ると色々と問題がありそうなので、木は触れない…

こうなったら新しく引き直そう!ということで材料揃えて出直すことにしました。

まあその前に漏水しないように止水します。

キャップ打ち
キャップ打ち

とりあえずキャップを打って止水しておきました。

これでお湯は使えるけど漏水はなくなったはずです。

水漏れ修理部材を揃えて再訪問

後日、材料を揃えて再訪問しました。

この日は上の階(2階)での作業が必要なので、事前に日程調整しておきました。

ちなみにこれから何をするかと言うと2階に繋がっていた配管は洗面専用の配管だったのでそれを切ってしまったので新しく配管を組んで2階の洗面を使えるようにするって作業です。

文章じゃよくわからないと思いますのでこの後の作業をみてください。

ということでまずは2階から作業していきます!

まずは2階から作業

間取りは1階と一緒でした。

2階の洗面所
2階の洗面所

新しく配管を組むのに洗面化粧台が邪魔なので洗面化粧台を取り外します。

洗面化粧台の中
洗面化粧台の中

洗面の下にある排水管などを外して

洗面化粧台を取り外したところ
洗面化粧台を取り外したところ

どっこいしょ!と洗面化粧台を動かしました。

今は壁から給水と給湯を取っているので、床から給水と給湯を取れるように床に穴をあけます。

床に穴をあけた
床に穴をあけた

この穴にユニット継ぎ足しを取り付けます。

ユニット継ぎ足し取り付け
ユニット継ぎ足し取り付け

これで給水と給湯を取れる準備が整いました。

とりあえず2階での作業はここで一旦終了です。

1階での作業

次に1階の天井裏で先ほどのユニット継ぎ足しに配管を取り付けます。

配管の取り付け
配管の取り付け

脚立が低かったのか腕を伸ばして作業をしないといけなかったので全然力が入らなくて大変でした(笑)

色々端折っているんでサクッと配管繋いだみたいな表現になっていますけどこれだけでめちゃくちゃ時間かかってます(笑)

まあこちらの事情はさておきユニット継ぎ足し側には取り付けができたので水が通っている銅管にも繋げます。

水が通っている銅管
水が通っている銅管

写真の赤矢印の部分が銅管でこの辺りを切って接続します。

銅管切断
銅管切断
新しい配管と接続
新しい配管と接続

これで2階の洗面に水とお湯が通るはずです。

作業後すぐに通水すると糊が回ってしまうので糊が乾くまで別の作業をしておきます。

2階洗面化粧台の取り付け

このまま通水してしまうと2階が水浸しになってしまうので先に洗面化粧台を取り付けしておきます。

化粧キャップ
化粧キャップ

元々あった壁からの給水給湯のアングル止水栓を外して化粧キャップをしておきます。

まあしなくても水は出てこないですけど見た目的によくないと思って化粧キャップしておきました。

ちなみにお湯の方の壁紙がやや剥がれていますけど、剥がしたのは私ではありませんからね!

元々剥がれてましたからね!作業が荒いと思われては嫌なので言っておきます(笑)

化粧キャップをしたら洗面化粧台を元に戻していきます。

戻した洗面化粧台
戻した洗面化粧台
給水・給湯・排水の接続
給水・給湯・排水の接続

元に戻したらちょうどいい時間になったので通水していきましょう!

通水確認作業

バルブを開けて通水します。

このとき配管を新しくしたので、その部分から稀に漏れることがあるのでその確認です。

1階洗面所
1階洗面所

1階は大丈夫だったので2階の洗面を確認しました。

2階も接続箇所が多かったので漏れる可能性がありますから念入りに確認です。

蛇口からお湯も出ましたし水漏れもなかったのでこれにて作業完了です!

マンションの天井からの水漏れ修理後

いや~大変な作業でしたね。疲れました…

ちなみに弊社は水道修理業者なので水道関係は大丈夫なのですが、天井の復旧などはやっていません。

なので天井の復旧は大工さんにお願いしてください。

お手数ですがお願いしますです。

それではまた更新しますね!

・尼崎市の水漏れ修理なら水道修理のレオンメンテナンス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談