トイレのつまりを修理に行ってきました。

こんにちは。
暖かくなってきましたね。
ついこないだまでの寒さはどこにいったのやらですよ。

まだまだ体が暖かさになれないですね。

 

さて先日修理させていただいたトイレのつまり修理について書いてきます。
現場は尼崎市の南清水の工場で、トイレが詰まっているとのことで急行しました。
現場を見させてもらいますと水を流すと流れずに溢れそうになっていました。
お見積り金額としては簡単に直れば基本作業料込みで9000円でワイヤーを入れての貫通作業が必要な場合は基本作業料込みで15000円とさせていただきました。
専用器具で作業をしてみたところ簡単に修理できましたので作業代9000円をいただきました。
従業員の方に「本当に9000円でいいんですか?」と聞かれ、当社の料金は安かったみたいでしたので色々訪ねてみると他社さんに一度修理をお願いした時に何万円も請求されたとかでこんなにも安いとは思わなかったみたいです。
そこまで他社さんが高いといくら請求したのか気になりますね。
あと小便器の水の流れが悪かったのでちょっとしたアドバイスをさせていただいた後現場を後にしました。
ご縁があればまたよろしくお願いします。
でも何もない方がお客様にとってはいいことですよね。
ですので困ったときにご指名ください。
すぐにお伺いします。
それではまた時間があるときにブログを更新しますね。
次の記事も水漏れ、つまり、漏水調査など水道修理関係になると思いますがまた読んでくださいね。