工場の男子トイレのつまり修理|尼崎市南清水

2018年4月3日

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

暖かくなってきましたね。
 
ついこないだまでの寒さはどこにいったのやらですよ。
 

まだまだ体が暖かさになれないですね。

現場の状況と見積もり

さて先日修理させていただいたトイレのつまり修理について書いてきます。

トイレつまりの原因と改善方法はこちら

現場は尼崎市の南清水の工場で、トイレが詰まっているとのことで急行しました。

現場を見させてもらいますと水を流すと流れずに溢れそうになっていました。

お客様に何を流したのかお伺いしても大人数が使っているのでわからない、たぶん紙だと思うとおっしゃっていました。

この場合何がつまっているのか見当もつかないので一旦紙つまりであることを信じてローポンプ作業からしてみることにしました。

お客様に作業内容と料金の説明をしてご了承を得てから作業に入りました。

修理内容

ローポンプで作業を開始してみると手ごたえがある感触がありました。

私の経験上ですがこれは大きな便と紙がつまっていると思われます。

なのでそのままローポンプで作業をすすめていきました。

10分ほど作業をしていると急に水が引いていき、つまりが解消しました。

作業後お客様をお呼びして水とトイレットペーパーを流して確認してもらいました。

問題なく流れ、確認も終えました。

作業時間は10分程度でした。

修理作業後

修理後工場の従業員の方に作業料金を請求すると「本当にこんなに安くていいんですか?」と聞かれ、当社の料金は安かったみたいでしたので色々訪ねてみると他社さんに一度修理をお願いした時に何万円も請求されたとかでこんなにも安いとは思わなかったみたいです。

どんな作業をしたのかわかりませんがそこまで他社さんが高いといくら請求したのか気になりますね。

まあ頑固なつまりや異物を流した場合は複数作業をしなければならないので必然的に料金は高くなります。

ですが紙つまりだけで何万円も請求されていたのであれば高額請求ですね。

もしこのブログを読まれている方の中にそんな方がいたならお気を付けください。

あと小便器の水の流れが悪かったのでちょっとしたアドバイスをさせていただいた後現場を後にしました。

小便器はどうしても尿が石灰化してつまる原因になるので水を多く流すと予防になります。

小便器はつまってしまうと修理が大変なので高額になることがよくあります。

つまらないように日々の予防が大切ですのでまめに水を流して欲しいですね。

ご縁があればまたよろしくお願いしますですね。

でも何もない方がお客様にとってはいいことですよね。

ですので本当に困ったときはご指名ください。

すぐにお伺いします。

尼崎市のトイレのつまりの修理なら当社まで

トイレのつまりの悪徳業者の見分け方

トイレのつまりの料金が安い業者の見分け方

トイレのつまりの料金表

それではまた時間があるときにブログを更新しますね。

次の記事も水漏れ、つまり、漏水調査など水道修理関係になると思いますがまた読んでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談