KM556BNASの蛇口の先から水が止まらない症状の修理依頼がありました【伊丹市での蛇口交換作業】

2022年7月10日

伊丹市宮ノ前でキッチンの蛇口の先から水が止まらないといった症状の修理をお受けしました。

ご依頼内容ですが「キッチンの蛇口の先から水が止まらない。ワンホール混合水栓のレバーをおろしているのにポタポタと水漏れがする。部品交換でと初めは思っていたのですが、やはり古い蛇口なので蛇口本体交換をしてほしいと思っています。お願いできますでしょうか?」とのことでした。

古い蛇口は本体交換した方がいいですよね。

一箇所直してもまた違うところが故障したりしますから、10年以上使っている場合は交換がおすすめです。

それに見た目も綺麗になって気持ちいいですしね!

それでは交換する新しい蛇口を持って現場に向かいましょう!

蛇口の先から水が止まらない現場に到着

現場に到着後、水漏れしている蛇口を見せてもらいました。

現場のワンホール混合水栓

綺麗に使われていますが、使用した年数分小傷がありますね。

これは仕方ないですよね。

で、どれくらい漏れているかですが

思ったほど漏れていませんでした。

まあ漏れていることに変わりはないんですけどね(笑)

現場の状況を確認できたので、サクッと本体を交換していきましょうか!

ワンホール混合水栓交換作業

まずは、シンクの下を確認します。

シンクの下

バックパネルで接続箇所が隠されていますね。

バックパネルがあると見た目が綺麗なのでいいですよね。

でもバックパネルの裏で水漏れがあると気付きにくいのでそこはデメリットですけどね。

まあそれは今回関係ないですね(笑)

それじゃあバックパネルを外します。

バックパネルの奥

バックパネルを外すと裏に給水・給湯の配管が見えました。

よかった。アングル止水栓が付いています。

アングル止水栓がないと、水道メーターのところのバルブで止水しないといけないのでめんどくさいんですよね(笑)

今回はアングル止水栓があるのでここを締めて、作業していきます!

まず、逆止弁とホースを外します。

逆止弁の取り外し

次にシンク下に潜って蛇口本体を固定しているナットを外します。

蛇口本体の取り外し

蛇口本体を外したら取付穴の周りを綺麗にします。

写真を撮り忘れましたけど、取付穴の周りは蛇口を外した時しか綺麗にできないので、この際にガシガシ綺麗にします!

取付穴の周りを綺麗にしたら新しい蛇口を固定します。

新しい蛇口を固定

次に逆止弁とホースを給水管に取り付けます。

逆止弁とホースを取り付け

最後に最も重要な作業である確認作業をします。

基本ないですが、アングル止水栓と逆止弁を接続した箇所から水漏れすることがあります。

ゴミが挟まっていたり締め込みが浅かったりすると漏れちゃいます。

そうならないように作業をしていますが、あってはならないことなのでここはしつこくしっかりと確認します。

かなりしっかり確認しましたが、水漏れはなかったのでこれにて作業完了です!

作業後

作業後はお客様に確認してもらいました。

「わあ!綺麗!やっぱり新しい蛇口は綺麗でいいね!」と言っていただけました。

やっぱり新しい蛇口はいいですよね。

ピカピカで気分がいいです。

物を大事に使うことはいいことですが、蛇口に関してはちょこちょこ修理するとかえって修理費用が高くなるので故障したら本体交換する方がいいです。

この記事を読まれている方は水漏れなど故障したら是非本体交換も検討してみてくださいね。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約40分、現場確認及び作業時間が約45分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+混合水栓交換作業費(台付)13200円+材料代11000=合計27500円です。

・伊丹市の蛇口水漏れ修理のご案内はこちら >>

・蛇口の料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

修理依頼はココをタッチ