トイレのレバーが空回りする・回らない INAXのDT-810UZ

2021年1月6日

尼崎市道意町でトイレのレバーが空回りする症状の修理のご依頼がありました。

ご依頼内容ですが、「今朝急にトイレのタンクについているレバーが空回りして水が流せなくなった。トイレが使えないと困るので直してほしい。」とのことでした。

レバーが空回りしているということは「フロートバルブがちぎれている・チェーンが切れている・レバーが壊れている」のどれかが原因だと考えられます。

どの原因も部品の劣化が原因ですので、新しい部品に交換が必要です。

それでは、原因を特定するために現場に急行しましょう!

トイレのレバーが空回りする現場に急行

現場に到着後、トイレを見させてもらいました。

レバーが空回りしているロータンク

古めのタンクですね。

この感じだと記事の冒頭で書いている原因のどれが原因でもおかしくありません。

一つ一つ確認して原因を探していきましょう!

まずは、レバーを確認。

レバーを回してみると確かに空回りしていて、タンクの中の棒が動いていませんでした。

ということはレバーが原因では?と思い、レバーの棒を触ってみると…

レバーの故障個所

棒が抜けちゃいました(笑)

原因が確定しましたので、部品を取り換えていきましょう!

レバーの交換作業

今回はレバーを交換するだけなので、止水はしなくて大丈夫です。

まず、レバーをモンキーかプライヤーで外します。

レバー取り外し後

レバーはナットで固定されているだけなので、回せば取れます。

あとは新しいレバーを取り付けます。

INAXのTF-10A

このレバーはホームセンターでも売っているものなので簡単に手に入れることができると思います。

専用のものではないので、一緒に入っている部品を組み合わせてレバーを作る必要があります。

同封の説明書に詳しく書いていますので、ご自身で交換される場合はそちらをご覧ください。

レバーの取り付け後

レバーの取り付けが完了したら、何度も排水して、チェーンの長さの調整をします。

チェーンは長すぎても短すぎてもダメなのでちょうどいい長さに調整します。

長さを調整したら作業完了です!

作業後はお客様に確認してもらい、取替箇所の説明などをしました。

作業終了後

今回のトイレタンクはINAXのDT-810UZです。

販売期間が1982年~2002年だそうです。

20年間も製造していたとは、この当時の定番の形だったんでしょうね。

DT-810UZについて載っているページがあったのでリンクを貼っておきます。

取替部品の情報とかも載っているのでよかったら参考にしてください。

・LIXIL公式 一般洋風便器情報 DT-810UZ

他の業者さんはレバーの交換だけの修理は受けたがらないと思いますが、弊社はレバーの交換もお受けしております。

部品の交換で直るのに便器ごと交換したがる業者が結構います。

そのような悪徳業者にはご注意ください。

他社にレバーの交換を断られた方は是非弊社にご依頼ください。

それではまたブログを更新しますね!

・尼崎市のレバー交換、水漏れ修理なら水道修理のレオンメンテナンス

・トイレの料金表〜トイレのつまり・水漏れ修理、お任せ下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談