パイプスペース(PS)内の水道メーターからの水漏れを修理【西宮市での水漏れ修理】

2020年11月26日

パイプスペース(PS)内の水道メーターからの水漏れを修理【西宮市での水漏れ修理】

西宮市与古道町で水道メーターの水漏れ修理のご依頼がありました。

ご依頼内容ですが、「水道メーターから水漏れしている。正確にはどこかわからないけど水道メーターの周りが濡れているので修理してほしい。」とのことでした。

一戸建てだとメーターボックスの中が濡れていて、マンションだとパイプスペースの中が濡れている状況ということでしょうね。

この場合だとメーターパッキンが原因だと思われるんですけど、給水管の水漏れも可能性があります。

どこから漏れているのかわからないとのことなので、現場で見て判断する必要がありますね。

それでは現場に急行しましょう!

パイプスペース(PS)内の水道メーターからの水漏れを修理【現場を確認】

現場に到着して水道メーターを確認しようとしたら…

濡れている廊下

廊下がびちゃびちゃになってました…

画質が荒いので分かりづらいと思いますが、びちゃびちゃになっています。

ちなみに濡れているのはマンションの共用の廊下になります。

気を取り直して漏水箇所を特定します。

水道メーター

この水道メーターのどれかが水漏れしてるってことです。

一個ずつ調べるしかありませんね。

このパイプスペースの中をくまなく探していると真ん中の水道メーターのナットの部分から水が漏れていました。

まあ予想通りでしたね。

漏水箇所がわかったので修理していきたいと思います!

メーターパッキンの交換

水道メーターのナットの部分からの水漏れであれば、中のパッキンを交換すれば修理出来ます。

そのパッキンをメーターパッキンと言います!

メーターパッキン

そのままやないか!と思われるかもしれませんが、そのままなんです(笑)

さて、作業に戻ります。

まず、止水します。

バルブはメーターの近くにあると思いますので閉めます。

止水したら、ナットを外して水道メーターを取り外します。

水道メーター取り外し後

水道メーターを取り外したら、劣化してへばりついているメーターパッキンを取り外して交換します。

劣化しているメーターパッキン

劣化しているメーターパッキンを取り外すときに水道メーター側に小さなカスみたいなのがへばりついていることがあります。

そのカスをそのままにしていると水漏れが直らないので、きれいに剥がしてください。

メーターパッキンを交換したら、配管に戻して、バルブを開放して、水漏れが直ったか確認!

問題なく水漏れが直ったので作業完了です!

作業後

いやー配管が漏れていなくてよかったです。

見えている場所だったら配管でもいいんですけど、隠れている場所だったら…

一軒家だとメーターボックスに水が溜まっているけど、メーターからは水漏れしていないケースがあるんですよ。

埋まっている配管で水漏れしていて、その水がメーターボックスに溜まっているってケースです。

こうなるとコンクリートを割ったりしないといけないんで大変なんですよ…

今回はそうじゃなかったからよかったですけどね。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約40分、現場確認及び作業時間が約20分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+パッキン交換5500円=合計8800円です。

・西宮市の水漏れ修理のご案内はこちら >>

・その他の水のトラブルの料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ