引っ越し先の洗面の蛇口がチョロチョロ水漏れしていると修理依頼がありました【大阪市での蛇口交換作業】

2019年5月26日

引っ越し先の洗面の蛇口がチョロチョロ水漏れしているを修理【大阪市での蛇口交換作業】

大阪市北区同心で洗面の蛇口水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「引っ越してきたばっかりなんですけど、蛇口の水が出るところからチョロチョロ水が出ているので直して欲しい。」とのことでした。

電話で色々とお伺いしましたが、蛇口の種類はシングルレバー混合水栓とわかりました。

シングルレバー混合水栓の水漏れはカートリッジを交換して直します。

まあたまにカートリッジを交換しても直らないときがあるんですけど…

本体が古いとそんな不具合がよく出ますね。

あと、カートリッジの交換は蛇口の品番が必要になってきます。

この品番がわからないと部品を用意出来ないんですよ。

なので現場で品番があるか確認しました。

引っ越し先の洗面の蛇口がチョロチョロ水漏れしていると修理依頼がありました【現場を確認】

現場に到着後、蛇口を見させてもらいました。

水漏れしている蛇口

で、蛇口の根本にだいたい品番があるんですけど、あるかな~…

ない!ないないない!

なんかそんな気がしていたんですよね…

お客様に本体交換しか修理方法がないことを説明してから交換作業に入りました。

蛇口交換作業

まず、洗面の下にある給水と給湯を止めます。

洗面の下

水が止まったことを確認したら、給水と給湯の銅管を外していきました。

取り外し後

給水と給湯が外れたら、蛇口本体を洗面台から取り外します。

本体取り外し後

上の写真は新しい蛇口のシャワー側をつけたあとに撮った写真です。

取り外したときに作業に集中しすぎていまして、撮り忘れてしましました…

すいません。

本体を取り外したらあとは、新しい蛇口本体を取り付けて給水と給湯を接続しました。

新しい蛇口本体取り付け後
給水と給湯を繋げました

最後に接続部分から水漏れがないか確認して作業完了です!

作業後

そういえば今回のお客様宅は賃貸物件だったんですけど、なんでご自身で業者に依頼したのか気になって聞いてみました。

「引っ越してきてすぐ管理会社に連絡したけど全然対応してくれないから自分で修理してあとで請求することにした。」と仰っていました。

果たしてあとで請求することが出来るかは私にはわかりませんが、確かに管理会社さんの対応ってなかなか遅いですよね。

早く直して欲しい方からすればイライラしちゃいますよね。

今回の方もそうだったんだと思います。

ただ、お話しているとそんな怖そうな方ではなかったですけどね。

むしろ愛想もよくていいお客様でしたけど。

修理も終わったのであとは管理会社さんとの話し合いですね。

頑張って下さいね!

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約45分、現場確認及び作業時間が約30分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+混合水栓交換(デッキ)13200円+材料代16500円=合計33000円です。

※材料代は当時の価格です。

・大阪市の水漏れ修理のご案内はこちら >>

・蛇口の料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ