トイレの掃除シートが原因でつまった?トーラー通管作業 西宮市でのトイレつまり修理

2018年11月27日

トイレの掃除シートが原因でつまった?トーラー通管作業 西宮市でのトイレつまり修理

西宮市鷲林寺でトイレのつまり修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「トイレを掃除していたら水が流れなくなった。直しにきてほしい。」とのことでした。

このパターンは掃除シートが原因でトイレが詰まったやつですかね?

たまにあるんですよ。掃除シートがつまったってやつ。

もしかしたらそれかもしれませんね。

それでは現場に急行しましょう!

【施工事例の続きを読まれる方はこのままスクロールしてお読みください。】

【トイレつまりの解消方法・修理方法をご覧になられる方は下のリンクから修理方法をご覧ください。】

・トイレつまりの「3つの直し方」【完全版】。原因と対策も解説。

トイレの掃除シートが原因でつまった?トーラー通管作業【現場を確認】

トイレの掃除シートが原因でつまった?トーラー通管作業【現場を確認】

現場に急行して水を流して確認すると水が勢いよく溜まっていき全く流れない状態でした。

お客様に詳しくお話をお伺いすると、前日親戚が集まっていた、子供もたくさんいたのでなにか流したかもしれないし掃除したときに掃除シートを流したからそれが原因かもしれないとのことでした。

原因かもしれないことが多すぎてどれかはわかりませんがとりあえずトイレのつまり修理作業に入ることにしました。

もちろんお客様には作業内容と修理料金の説明はしています。

作業内容と修理方法

作業内容と修理方法

まずローポンプでつまりを解消しようと作業をはじめました。

紙つまりであればほとんどのつまりはローポンプで直りますので、トイレの掃除シートが原因かもしれないので、まずはローポンプからです。

しかし何度も何度も作業をしたのですが何度やってもなんの手応えもなくつまりを解消出来る気がしませんでした。

そこで次にワイヤーを便器側から入れてみることにしました。

ここで便器を外してもよかったのですが、経験と感で便器を外す必要がないような気がしてワイヤー作業をする選択をしました。

掃除シートが便器内にひっかかっている場合これで絡め取る、または押し出してつまりを解消できると思いやってみました。

しかしワイヤーを通しても何にも当たる感覚がなく、つまりを解消出来ませんでした。

本来であれば便器を脱着して便器の中と配管の中を見るのですが外して見ても何もない気がしたので便器脱着せずに外からワイヤーを入れてみることにしました。

これでだめなら便器脱着して確認するしかありません。

外からトーラーを入れていき、入れれるところまで入れていきました。

どんどん奥に入れていくと家の中からカンカンと何かに当たっている音が聞こえてきたのできっと便器に当たっていると判断してトーラーを抜きました。

これでトイレのつまりが解消されていることを祈りながらトイレの水を流してみることに。

一度目は流れるものの若干なにかがひっかかっているような流れ方でした。

そこでバケツに水を入れて大量の水をトイレに流してみることにしました。

すると通常に水を流しても問題なく流れるようになりました。

通常の排水を何度もしつこいくらいやって、問題なく流れることを確認して作業を終えました。

作業後

お客様にも確認してもらいトイレのつまり修理作業は終了しました。

しかしトーラーの先に何か付いていると思ってトーラーの先を見たんですけど、ちょっとした紙くずみたいなものしかなかったんですよね。

不思議なものです。

あんな小さな紙くずでつまることがあるのかと思いましたね。

まあ破片が付いていただけかもしれないので正確にはわかりませんが。

そして、私が水を大量に流した時に流れていったのかもしれませんね。

そのときは外の排水を見れなかったので流れていっている可能性はありますよね。

まあ無事につまりが解消したのでよかったです。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約1時間、現場確認及び作業時間が約45分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+ローポンプ作業5500円+トーラー作業13200円=合計22000円です。

・西宮市のつまり修理のご案内はこちら >>

・トイレの料金表はこちら >>

・ここを見ればわかる!トイレのつまりの悪徳業者の見分け方

・トイレのつまりの料金が安い業者の探し方【お得な業者の選び方】



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ