西宮市西宮浜でトイレ水漏れ修理・タンク内水漏れ

2018年11月11日

隅付けロータンク内が水漏れしているトイレ

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

さて今回は西宮市西宮浜でトイレの水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

ご依頼内容ですが、「一ヶ月前くらいからトイレタンクの中と便器の中に水が漏れている。水道代がかなり高くなっていたので急いで修理してほしい。」とのことでした。

水道代ってあんまり高くないので、ちょろちょろ漏れているくらいなら「まあそんなに気にしなくてもいいだろう」と思ってしまいますよね。

でもそのちょろちょろがずっと続くと、一ヶ月後に請求される水道代がとてつもないことになってしまいます。

なので結局修理しなければならないのであれば早めに修理したほうがいいです。

無駄に水道代を払うのはもったいないですよ!

トイレ水漏れの原因と改善方法

↑ご自身で修理される場合はこちらを御覧ください。

西宮市西宮浜の現場に到着

現場に到着後、水漏れしているトイレを見せてもらいました。

隅付けロータンク内が水漏れしているトイレ

↑水漏れしているトイレ

今回はタンクの内側からと便器内に水漏れしているとのことだったのでタンク内と便器を確認しました。

トイレロータンク内に水漏れ

↑トイレタンク内

便器内に水漏れ

↑トイレ便器内

写真で見てもらったら分かる通り、フロートバルブが劣化して水を溜めることが出来ずに便器内に漏れていました。

また、ボールタップも劣化していて、動かしても水が止まらない状態になっていました。

お客様に中を見てもらいながら説明をして、作業にはいりました。

ちなみにですが内部部品は10年~15年くらいで劣化して水漏れします。

長持ちすると30年位使えたりします。

※料金の説明はもちろんしています。

トイレロータンク内水漏れ修理

まずタンク横のアングル止水栓を時計回りに回して止水したら、タオルを置いて給水管とボールタップを外しました。

劣化しているボールタップ

↑ボールタップ取り外し後

ちなみに今回は手洗い管に繋がっているホースが固着して蓋から取れなかったのでエンビカッターでホースを切りました。

次にオーバーフロー管からフロートバルブを取り外しました。

劣化しているフロートバルブ

↑フロートバルブ取り外し後

ご自身でされる場合は手が真っ黒になるので、ゴム手袋着用をおすすめします。

あとはフロートバルブ→ボールタップの順番で取り付けました。

トイレ水漏れ修理後の隅付けロータンク内部

↑トイレロータンク内部部品取り付け後

最後に給水管から水漏れがないか確認して作業完了です!

修理後

作業時間は20分程度かかりました。

今回のお客様は原理をわかっていらっしゃるみたいでボールタップにゴムを巻いて止水していました。

ただその止水も効かなくなってきて修理の依頼をされたみたいです。

少々水が漏れているくらいならボールタップをちょっと持ち上げれば水は止まりますからね。

ゴムを巻いて止水したのはすごいなと思いましたね。

トイレ水漏れの緊急対応としてすごくいいと思いますので皆さんも試されてみてはいかがでしょうか。

ちなみにですけど今回はボールタップとフロートバルブの交換で済みましたけど、たまにオーバーフロー管が折れていることがあります。

オーバーフロー管が折れるとタンクを外して、オーバーフロー管を交換しなければなりません。

そうなると作業代が高くなってしまうので今回はラッキーでしたね。

まあオーバーフロー管が折れるのはINAX製だけなんですけどね。

それ以外ではみたことがありません。

もしINAXの便器を使われている方がいれば注意してくださいね。

西宮市のトイレの水漏れ修理ならレオンメンテナンスまで

トイレの水漏れの料金はこちら

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談