トイレタンク内からちょろちょろ音がする 内部部品交換修理|伊丹市中野西

2018年10月22日

こんにちは。

水道修理業者レオンメンテナンスの葛西です。

さて今回は伊丹市中野西でトイレの水漏れ修理のご依頼をお受けしました。

トイレの水漏れの原因と改善方法

ご依頼内容ですが、「トイレの水が止まらない、タンクの中がずっとちょろちょろと音がする、直してほしい」とのことでした。

このような症状の場合は、ボールタップかフロートバルブが原因です。

稀にオーバーフロー管が原因ってこともありますけどほんと稀ですね。

とまあ原因を色々と考えながら現場に向かいました!

現場に到着

水漏れしているタンク内部のイメージ画像

現場を確認するとトイレタンク内のボールタップが劣化しており水が完全に止まらずちょろちょろと水がでていました。

フロートバルブも劣化しているように見えたので、止水して確認するとフロートバルブも劣化しており水漏れしていました。

そこでお客様にボールタップとフロートバルブの交換をしなければならないことをお伝えしました。

お客様に作業内容と料金の説明をして作業に入りました。

作業内容

劣化しているボールタップ
ボールタップ交換のイメージ画像

作業内容ですが、まずアングル止水栓を閉めて止水します。

水が止まったらボールタップを外します。

外したらタンクから取り出してフロートバルブを取り出します。

このときに素手で触ると劣化したゴムが皮膚に付いて取れなくなるので、ゴム手袋か何かで手を保護してください。

あとは外したときと反対の順番でつけるだけです。

交換が終わったら、水をタンクに貯めて、排水、貯めて、排水を何度か繰り返して問題なく直ったかを確認して作業終了です!

作業後

作業時間は10分程度でした。

今回はTOTOのタンクだったので楽でしたね。

INAXはなんかあんまり好きじゃないんですよね。

ずっとTOTOを触ってきたのでそのせいですかね?

まあ慣れってありますものね。

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談