FA240HU12(FB240U12)の接続カプラーが壊れたので交換

2020年3月31日

さて今回は伊丹市松ヶ丘のお客様からMYM(現在のKVK)のFA240HU12(FB240U12)の接続カプラーが壊れたので修理してほしいとご依頼がありました。

この接続カプラー(ワンタッチカプラー)が壊れると、蛇口のレバーを動かしても吐水口から水が出なくなり、代わりに下の収納スペースに水が出てくるようになります。

洗面の下がびちゃびちゃに濡れるようになるってことです。

これを修理するには接続カプラーを交換するしかありません。

現場の状況

洗面下の収納スペース

現場の洗面下の収納スペースを開けると接続カプラーの部品が散乱していて、銀色のジャバラホースがたれていました。

お客様の話によると、レバーを動かすと写真の中央の奥あたりから水がすごい勢いで出てきたそうです。

ジャバラホースの先端

写真を見てもらうとわかると思うのですがFA240HU12(FB240U12)のシャワーホースとレバーとを繋ぐ接続カプラーの部品がなくなっています。

写真中央のグレーの部品が接続カプラーになります。

ただこれは破損しているので完全な状態ではありません。

出典:KVKシングルレバー式洗髪シャワー

わかりにくいかもしれませんので分解図で説明します。

上記の分解図はFA240HU12(FA240U12)の分解図です。

この分解図の右下の「6」の部分が接続カプラーになります。

ここを交換していきます。

接続カプラーを交換

FA240HU12(FA240U12)の接続カプラーKPS1902

FA240HU12(FA240U12)の接続カプラーの品番はKPS1902です。

KPS1902はネットショップで売っていますので、いつも使っているネットショップで購入してください。

接続カプラーが届いたらジャバラホースの先の壊れた接続カプラーを取り外して新しい接続カプラーに交換してください。

写真を取り忘れたので文字だけでの説明ですが、ジャバラホースの先の金色の部分を左手で持って、グレーの接続カプラーを右手で持ちます。

中はネジになっているのでひねって取り外してください。

接続カプラーの交換が出来たら、元々刺さっていた銅管に刺して修理完了です。

修理完了後

元々刺さっていた銅管に戻せたら、水を出して接続カプラーの部分から水漏れが無いか確認してください。

最後に

洗面下に落ちていた接続カプラーの部品

上の画像は洗面下に落ちていた接続カプラーの部品です。

プラスチックも劣化しますので壊れたらこんなふうにバラバラになるみたいです。

FA240HU12(FA240U12)の接続カプラーが壊れて外れたら、KPS1902を購入して交換してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談