トイレの水漏れ修理の相場ってどれくらい?症状別に解説

2019年1月12日

トイレの画像

あまり依頼することがない水道修理。

その水道修理の相場ってわからないですよね?

主婦の方であれば50円のキャベツを見ると安いと思われると思います。

これは何度もキャベツを買った経験があるからわかることでいつも使わない分野の料金ってわからないものです。

そこで今回はトイレの水漏れに限ってですがだいたいの相場を書いていきます。(出張費や見積費など全て含んだ料金の相場です)

おすすめの業者さんも書いているのでよかったら最後まで読んでくださいね。

※あとで説明しますが水道修理を行う業者によってはかなり高かったり安かったりします。
あくまでこれくらいが平均と思って読んでくださいね。

 

1.トイレタンク内からちょろちょろ音がする

トイレタンクの内部部品が劣化している状態です。

ちょろちょろ音がする場合はボールタップもしくはフロートバルブが劣化していることが原因の場合がほとんどです。

内部部品の交換で症状がおさまります。

ちなみに経年劣化によって故障するのですがだいたいの耐久年数は10年程度と言われています。

稀に25年は交換していないとおっしゃられる方もいらっしゃいますが、ほとんどのものは10~15年程度で故障します。

あたりが悪かったら10年以下で劣化します。

 

修理の相場はだいたい10000円~15000円ってところではないでしょうか。

 

2.トイレタンク下から水漏れしていて床が濡れている

この場合は原因が密結パッキンもしくは整流スポンジの劣化が考えられます。

※必ずしも上記部品が原因とは限りません。

密結パッキンはゴムの部品ですので長年使っていると劣化して水漏れをおこします。

劣化するとカピカピになって割れます。

密結パッキンは当たり外れが激しい部品で早ければ10年、長持ちすれば30年以上使用出来ます。

また、タンクの中にプラスチック製の防露タンクが入っているタイプの場合、整流スポンジがついている場合があり、これの劣化が原因の場合があります。

整流スポンジは黒い輪っかで出来たスポンジで水漏れを防ぐ部品です。

ですがこれの不良で水漏れを起こすことがわかったので最近では「整流ジャバラ」と呼ばれるものが売られています。

もう整流スポンジは売られておらず整流ジャバラに変更になっていますのでこちらをお買い求めください。

どちらも部品交換で水漏れを直すことができます。

 

相場はだいたい10000円~20000円ってところではないでしょうか。

※部品交換する場所によりますがロータンクを外す作業が必要な場合がありますので内部部品の交換より割高になる場合があります。

 

3.便器内に水がずっと流れている

これの原因は1.と一緒です。

ボールタップ、フロートバルブ、オーバーフロー管が原因になります。

ボールタップが劣化して止水出来なかった場合、水が止まらずオーバーフローした水が便器内に流れていきます。

フロートバルブも劣化すると止水出来ず、便器内に排水してしまいます。

オーバーフロー管ですが、INAX製の場合は折れることがあります。

オーバーフロー管が折れた場合はタンクを脱着して新しいものと交換する必要があります。

相場などは1.と一緒ですので上記を御覧ください。

ただオーバーフロー管が折れている場合の相場は15000円~25000円です。

※部品交換する場所によりますがロータンクを外す作業が必要な場合がありますので内部部品の交換より割高になる場合があります。

 

4.床と便器の間から水漏れ

よく問い合わせを受ける内容ですね。

原因はウォシュレット、タンクの下から水漏れもしくは便器が割れていることで起こることがほとんです。

ウォシュレットであれば操作ボタン付近(貯水部分に給水する接続箇所)から水が漏れることがほとんどです。

タンクの下から水が漏れている場合はタンク下の便器とタンクを固定しているボルト部分か、タンクに給水している給水管から水漏れしていることがほとんどです。

パッキン交換や本体交換など、どの修理をするかで作業料金は変わります。

ウォシュレット、タンク下からの水漏れ修理の相場は10000円~20000円

便器が割れている場合は便器の取り換え工事で相場は20000円~40000円

ウォシュレットや便器を入れ替える場合は作業費以外にも処分費がかかる場合があります。

処分してもらうものにもよりますが2000円~5000円くらいはかかります。

とまあだいたいこれくらいがトイレの水漏れの修理費用になります。

業者によって費用が変わってきます。

 

 

修理業者について

最初に書いていますが水道修理を行う業者によって値段が変わります。

大まかに分けて新築工事をする設備屋さん、個人経営の水道修理専門店、対応エリアが広い水道修理専門店の3つに分けれます。

新築工事をする設備屋さんは技術は高いですし料金も安いです。

ですが相当暇な時期じゃないと水道修理はしてもらえません。

新築工事が忙しくて手が回らないのです。

電話しても断られるケースがほとんどです。

個人経営の水道修理専門店が次にコスパがいいと思います。

オペレーターなどが不在で不安にはなりますがその分無駄な経費がかかっていないので料金が安いです。

技術も修理するには申し分ない知識と技術があるところがほとんどです。

ですが本当に知識と技術がすごいかはきちんとホームページなどに書いてある資格などを確認してくださいね。

対応エリアが広い水道修理専門店ですが、かなり大手(クラシアンさんなど)は相場より少し高いくらいで修理してくれるかもしれません。

しかしそれ以外のところはそんな優しくはないでしょう。

お客様から実際に聞いたトイレ水漏れ修理の料金

私がお客様から直接聞いた話ではマグネットシートがポストに入っていたのでそこにトイレの水漏れの修理依頼をしたそうです。

内部部品を交換するだけで直るはずなのにいろんな作業をして5万円請求されたそうです。

当社が同じお宅に修理に伺ったときには修理業者を怖がっていました。

ただ当社は不要な作業をすることがないので11000円を請求させてもらったので最後は安心して色々お話してくださいました。

なぜ5万円も請求したのかですがそこには大手さんならではの理由があります。

大手について

1つは利益をうまない従業員が多いことです。

大手になれば事務所を構えて取締役や事務職、オペレーターなど現場に行かない人が増えますよね。

その現場に行かない人達の給料も稼いでこないといけないのでどうしてもボッタクリのようなことをしないといけなくなってくるのです。

もう1つは膨大な広告費にあります。

会社が大きくなれば仕事量を増やさなければなりません。

仕事量を増やすにはテレビCMやインターネット広告、マグネットシートやチラシなどなどで広告しなければなりません。

世の中のみなさんが何気なく見ているテレビCMっていくらすると思いますか?

当社は使ったことがないのではっきりとはわかりませんがウン千万と言われています。

まとめ

ここまで読んでくださった方はわかってもらえたと思いますが大手さんは安心ですが料金面では安心ではないのです。

いかに理由をつけて高い金額を請求するかを考えています。

大手他社さんに勤めていた人とお話しする機会があったので色々お伺いしましたが、ノルマがあるそうでそれがきつくて辞めたそうです。

確かに給料はその分いいみたいですがどうしても良心がはたらいてしまって長続きしなかったようです。

本人は安く直す方法をわかっていたのにも関わらず作業を増やして料金を増やすことが嫌だったそうです。

大手さんに長く勤めれる人は割り切っているのかもしれませんね。

あくまで私がおすすめする業者は設備屋さんです。

技術はあるし料金も安いですからね。

ただ断られることが多いのでそんなときは地元の小さな個人経営の水道修理屋さんにお願いするのがいいと思います。

地元密着ですぐに来てくれますから名刺を貰っておいて必要になったら何度も依頼するといいと思います。

当社のトイレの修理料金表です。

トイレの水漏れをご自身で直されるならこらちを御覧ください

それではまた更新しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談