尼崎市南武庫之荘でトイレの水漏れ修理に行ってきました。

おはようございます。
季節の変わり目とは眠たいものですね。
寝ても覚めてもずっと眠たいです。
まあいい気候ですものね。
暑すぎず寒すぎずちょうどええってやつですね。
このまま横になったら寝てしまいそうなくらいいい感じですよ。
眠気にも負けずに今日も一日がんばりますよ!

さて今回は尼崎市南武庫之荘でトイレの水漏れ修理のご依頼をお受けしました。
ご依頼内容ですがトイレの水が止まらないので直してほしい、ずっと水が出ているので止水はしていますとのことでした。
現場に急行して確認するとタンクの中の水が全部流れでており、フロートバルブの劣化とボールタップの劣化を確認しました。
ただ水をタンクの中に流して確認するとすごい勢いで流れていき、なにかおかしいと思い更に注意深く確認しました。
するとオーバーフロー管が折れており、その折れた部分から水が流れていました。
お客様宅の便器はINAX製でこのオーバーフロー管が折れる現象はよくあることなんですよ。
何度も同じような修理をしたことがありますが、TOTO製のものでは見たことがないです。
そこでお客様に説明をして、タンクの中も確認してもらいました。
確認後作業内容と料金の説明をして、作業に入りました。
作業内容はタンクを取り外して折れたオーバーフロー管を外します。
取り外した部分に新しいオーバーフロー管を入れてタンクを戻します。
後はボールタップを交換して作業終了です。
作業時間は40分程度で修理代金は材料込で31000円でした。
しかしINAX製のオーバーフロー管はよく折れますね。
お客様もこんなところ折れるの?とびっくりされていました。
まあ触ったわけでもないのに折れたらびっくりしますよね。
なんで折れるんでしょうか?
不思議ですね。

それではまた更新しますね。