トイレの水漏れの原因は?原因別の解消方法

 

 

生活に欠かせない水まわりと言えばトイレです。
水漏れしたりつまりが発生したりすると大変。
中でもトイレの水漏れはよくあるトラブルです。
そのままにしておくと、漏れた水で床が腐ったりカビの発生の元となるので、早急な対処が必要です。
まずは水漏れの原因をつきとめましょう。
原因によって、修理業者に頼まずに自分で解決できるケースもあります。

ここでは、トイレの水漏れトラブルの原因と対処法について解説します。

 

1、水漏れしている箇所はどこか

水漏れの原因を探るためには、まずは水漏れしている箇所を確認しなければなりません。
水漏れ箇所によって、ある程度水漏れトラブルの原因を推測することが出来ます。
水漏れしている箇所ごとに、考えられる原因と修理方法をみていきましょう。

 

2、床が濡れていて袋ナットから漏れている

袋ナットから水漏れしている場合パッキンの劣化や袋ナットがきちんとしまっていないことが考えられます。
パッキンの交換は袋ナットを外して、中に入っているパッキンを交換してください。
袋ナットを締めるときは千切れる場合があるので力強く締めすぎないように注意しましょう。

 

3、床が濡れているが水漏れ箇所がわからない

この場合はウォシュレットの経年劣化で貯水部分からの水漏れか便器の隙間から汚水が漏れている場合があります。
ウォシュレットからの水漏れであればメーカー修理で直すかウォシュレットを交換することで水漏れは直ります。
メーカー修理でウォシュレットは修理出来るのですが、一箇所故障したということは修理しても他の箇所が故障する可能性がありますのでウォシュレットから水漏れした場合は交換をおすすめします。
便器の隙間から汚水が漏れている場合はフランジやパテに問題があり、汚水が漏れている可能性があります。
汚水が漏れている場合は便器を取外し、フランジやパテを交換すれば汚水の水漏れは直ります。

 

4、便器内の水やタンクの手洗いから水が止まらない

タンクから便器に向かって出てくる水やタンクに付いている手洗いの水が止まらない場合はタンクの内部金物の劣化が考えられます。
ボールタップやフロート弁などの内部金物の部品を交換すれば直るケースがほとんどです。
内部部品の交換はそれほど難しいことはありませんが、角度調整やナットの締め具合などがありますのでご自身で修理するのが不安な場合は水道修理業者にお願いしましょう。

 

5、上記以外の水漏れ

よくあるトイレの水漏れを上に書いていますが、ここに書かれていること以外のこともあります。
壁が滲んできた、水の音がするがどこから漏れているかわからないなど他にも色々あります。
上記項目以外の水漏れは修理方法や対処法をお伝えすることが難しいのでここでは書いていません。

 

6、それでも困ったら…

ここまで色々と書きましたが、結論としましては困ったら水道修理業者にご相談してください。
わからないまま修理しようとすると水漏れが悪化することがあります。
ご自身で解消される場合はどこから漏れているか、何が原因なのか、修理方法はどうするかなどをしっかりと見極めて行ってください。

 

地域最安値に挑戦水のトラブル即日解決!尼崎西宮芦屋伊丹宝塚基本料金1000円~「ネットを見た」で20%割引出張・見積・キャンセル無料受付時間24時間クレジット支払いOK!最短訪問時間10分

電話相談はココをタッチ「ネットを見た」で20%割引!無料通話0120-433-493

お気軽にお問い合わせください。0120-433-493受付時間 8:00-20:00 [ 金曜定休 ]

メールでのお問い合わせはこちら24時間受付中!