蛇口のレバーの下の化粧カバーが割れて水が漏れているを修理 FB244U15

2021年1月23日

西宮市一里山町で洗面の水栓の水漏れ修理のご依頼がありました。

ご依頼内容ですが、「洗面の蛇口のレバーの下から水が漏れている。レバーの下の本体が割れていてそこから漏れているように見える。修理をお願いしたい。」とのことでした。

レバーの下の本体が割れていてそこから漏れている…

なんのことでしょうか!

なんだかよくわからないので現場を見て確認してみましょう!

レバーの下の本体が割れている現場に到着

現場に到着後、洗面を見せてもらいました。

現場の水漏れしている蛇口
水漏れ箇所

レバー側の下に水溜まりが出来ていますね。

そして、確かにレバーの下にひび割れがあります。

ここから漏れているのかな?化粧カバーなのでここから漏れることはないと思うんですけど…

まあでも絶対ってことはありませんからそうかもしれません。

KVKのFB244U15

部品交換するには品番を確認する必要があるのですが、この蛇口には品番が残っていました。

ほとんどの蛇口は水漏れするころには品番が消えてなくなっています。

そら十数年使っていますからシールも剥がれたり文字も薄くなって読めなくなっていますよね。

今回の蛇口は残っていたので、部品を探して対応することが出来ます。

ですので、二つお客様に提案しました。

提案1:水漏れの原因である内部部品を交換して、レバーの下の割れているところはテープを巻いてとりあえず使えるようにする。

提案2:レバーの下も割れているので蛇口丸ごと交換する。

以上二つ提案しました。

お客様の返答は提案2でした。

「長い間使っているし、テープを巻いてたら見た目も悪いし、蛇口を新しくしてほしい。」とのことでした。

私もあまり見た目がよろしくないのでやりたくないと思っていたので蛇口を交換してくださるとのことでありがとうございますです!

それでは蛇口を交換していきましょう!

蛇口交換作業

蛇口を取り外していく前に、蛇口に通水している水を止めます。

今回は洗面の下のアングル止水栓で止めます。

洗面の下

洗面の下でアングル止水栓を回して気付いたんですけど、蛇腹ホースが濡れているような…

水漏れしている蛇腹ホース

まさかの蛇腹ホースまで水漏れしていました(汗)

まあ、蛇口ごと交換するので問題ないですけど、これが部品交換のご依頼だったらと思うとゾッとしますね。

ホースの水漏れにお客様が気付いていなかったので、何度も修理しないといけません。

そうなるとお客様もやっていないですし、うちもやってられないです(笑)

さて、話を交換作業に戻します。

止水が出来たら、蛇口を洗面台から取り外します。

取り外した蛇口

取り外しが出来たら、取付穴の汚れを取って新しい蛇口を取り付けます。

新しい蛇口を取り付け後

取り付けが出来たら、通水が問題なくできているか、給水給湯の接続箇所に問題がないかをしっかりと確認します。

接続箇所の確認

確認が出来たらしたら作業完了です!

洗面の蛇口の水漏れ修理完了後

今回の修理料金は15000円でした。

※修理料金は税別、部品代別です。

作業後はお客様にも確認してもらって少し雑談しました。

洗面の下のホースも水漏れしていましたよと伝えると「蛇口ごと交換してもらってよかった。やっぱりケチったら後が怖いですね。いいものを取り付ける必要はないですけど古くなったら新しくしないとね。」とのことでした。

本当にお客様の言う通りだと思いますね。

部品修理でもいいんですけど、一か所悪くなると他も劣化する時期なので見えないところで水漏れしてたりします。

なので蛇口とはか特にそうですけど、本体ごと交換した方がいいです。

その方が結果的に安くなりますし、おすすめです。

まあうちとしては何度も修理した方が儲かるんでどっちでもいいですけどね(笑)

ただそれだとお客様のためにならないので、おすすめはしてません。

そのへんは最終的にお客様の判断ですね。

弊社はどの作業でもやりますよ!

それではまた更新しますね!

・西宮市の蛇口水漏れ修理なら水道修理のレオンメンテナンス

・蛇口の料金表〜蛇口の水漏れ修理 お任せ下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
ココをタッチして電話相談