伊丹市梅ノ木でトイレの壁からの水漏れ修理に行ってきました。

おはようございます。
いやー眠たいですね。
最近は季節の変わり目のせいかずっと眠たいです。
温度変化とかも影響しているんですかね?
ずっとあくびをしております。
こんなときは河原でぼーっとしたいですね。
何も考えずに3時間ほどいたいものです。
まあそんなこと考えている場合ではありません。
仕事仕事ですよ!

さて今回は伊丹市梅ノ木でトイレの壁からの水漏れ修理のご依頼をお受けしたお話をします。
5月か6月に地震があったときのお話です。
だいぶ今更ですけど、いつかブログとしてアップしようと書き留めていたものです。
よかったら読んでくださいね。
ご依頼内容は地震後トイレの壁から水が漏れていて外の壁が濡れているとのことでした。
便器を外し、壁を割って給水管の状態を確認したところ壁内の給水管の接続部分が地震で割れてしまいそこから水が溢れていました。
お客様に水漏れ箇所を確認してもらい、給水管の一部をやりかえて修理しました。
ただ給水管のある場所がかなり狭くてつらい作業でした。
新築で作ったときは周りに何もない状態だったので職人さんは窮屈に思わなかったでしょうが修理となるとまた違ってきますね。
ほぼ片手で作業していました。
なかなか厳しいものがありましたね。
作業時間は3時間程度で修理代金は材料代込で102000円でした。
給水管が古かったのもありますが地震のすごさがわかりますね。
今回の地震で修理の依頼が結構ありましたが、お伺いした地域は幸いにも何もなくて本当によかったです。
これから余震があると思いますが小さいことを祈るばかりですね。

それではまた更新します。
毎回仕事の内容ばかりですがまた読んでくださいね。