何度もトイレつまりの業者に依頼しているが高いしイメージが悪い 尼崎市でのトイレつまり修理

2018年9月15日

何度もトイレつまりの業者に依頼しているが高いしイメージが悪い 尼崎市でのトイレつまり修理

尼崎市立花町でトイレつまりのご依頼がありました。

ご依頼内容ですが「今朝トイレを使っていたら詰まってしまった。ラバーカップはやったんですけど直らなくて困っています。直してほしいです。」とのことでした。

このようなご依頼ですとトイレつまりの原因はトイレットペーパーですね。

異物を流していたらこんな感じの言い方はしませんもんね。

今回もローポンプでさくっと解消しちゃいましょう!

それでは現場に急行です!

・トイレつまりの「3つの直し方」【完全版】。原因と対策も解説。

何度もトイレつまりの業者に依頼しているが高いしイメージが悪い【現場を確認】

何度もトイレつまりの業者に依頼しているが高いしイメージが悪い【現場を確認】

現場に到着後、トイレを見させてもらいました。

便器の中を見ると水位が低くなっていてほぼ水がない状態でした。

お客様に聞くと「朝トイレが詰まってから使用していない。申し訳ないけどトイレは近くのスーパーを使わせてもらっています。」とのことでした。

水位が低くなっているってことは毛管現象で水が引いているんでしょうね。

水を流さなくても確実に詰まっていることがわかります。

ただ作業するときに水位を上げないといけないので、念のための確認も含めて水を流しておきました。

ちゃんと水が上がってきたのでまだ詰まっているようです。

そこでローポンプ作業をすることをお客様に説明して作業にはいりました!

作業内容

作業内容

確認のために水を流したので、このまま作業にはいりました。

ローポンプを便器の排水口に押し当てて引いて押してを繰り返しました。

今回のトイレつまりはガチガチの部類ではなかったのであっさりと解消できました。

もしかしたらお客様がラバーカップをしたのがよかったのかもしれませんね。

解消後は何度も水やトイレットペーパーを流して完全に詰まりが解消されたかを確認しました。

問題なくつまりが解消されていたようなのでこれにて作業完了です!

作業後

作業後はお客様がお茶を出してくださり、少しお話をすることになりました。

お客様はトイレをよくつまらせるみたいで、正確な数は覚えていないけど今回で5回目くらいだそうです。

なぜ前回の業者にお願いしなかったのかお伺いすると前回の業者もそうだけどずっと高かったそうで今回はインターネットで探して当社を見つけたそうです。

料金表はちゃんと書いてて安いし、尼崎で近いし、社長の写真が載ってて安心できるし、何より清潔そうだから電話してくださったようです。

今まできた業者さんは全員おじさんで作業着が汚れていて、水道修理業者にいい印象がなかったみたいです。

とまあこんな感じでお客様の一方的な話を聞きながら、こんなふうにお客様は我々を見ているのかと参考になりました。

その後お客様にまたつまったらお願いするから来てねと言われ、気に入ってもらえたようで安心しました。

真面目に商売しているといいこともあるものです。

これからも真面目に商売しなければですよね。

今回の作業内容の料金と時間について

今回の作業内容の料金と時間について書いていきます。

まずは時間について

現場到着まで約20分、現場確認及び作業時間が約20分かかっています。

次に料金(税込)について

出張費3300円+ローポンプ作業5500円=合計8800円です。

・尼崎市のつまり修理のご案内はこちら >>

・トイレの料金表はこちら >>



お気軽にお問い合わせください

水のトラブルの電話お問い合わせ
トイレつまりの相談
修理依頼はココをタッチ