尼崎市若王寺で散水栓の水漏れ修理に行ってきました。

おはようございます。
今日の朝も涼しくて快適ですね。
でも雨なので気分は憂鬱ですが…
昨日は家の近くのデポまで散歩に行ってきました。
お目当てはトレーニング器具で階段を登っているみたいになる器具。
これが安かったら買おうと思って散歩ついでに行ってきたんですよ。
でもこれが思いの外高くてですね…
なんと1万円もするんですよ!
私は2000円くらいで買えるだろうと思って行っているので、値段を見てそのまま帰りました。
なんであんなに高いのか…
もうちょっと安かったら買えたのに…

さて今回は尼崎市若王寺で散水栓の水漏れ修理のご依頼をお受けしました。
ご依頼内容ですが外の洗濯機とつなげている蛇口から水が漏れていて止まらないとのことでした。
現場を確認すると散水栓の根本が外れかけていたのでそこを締め直すことにしました。
作業完了後交換する必要はさほどなかったのですが少し水が漏れていたので蛇口のパッキンも交換することにしました。
パッキン交換はこちらが勝手にしたことだったので料金をいただかず、ご依頼を受けていた分のみいただきました。
修理代金は6000円でした。
お客様に確認はしていただきましたが水が溢れている中やっていたので完全に直ったか確認が出来ませんでした。
なのでお客様に散水栓の状態を後日見ていただきまだ漏れているようでしたら無償で直しにくるとお伝えしました。
まあなぜ水が溢れている状態で修理したかと言うとメーターのバルブが固すぎて完全に水が止まらなかったのです。
いろんな道具を使いましたがこの世のものとは思えないほど固く、完全に締めることが出来なかったのです。
こんな固いバルブもあるのかといい勉強になりました。

それではまた更新しますので読んでくださいね。