尼崎市上坂部でキッチンのつまり修理に行ってきました。

おはようございます。
今日の朝は涼しいような暑いような微妙な感じですね。
昨日の夜散歩に行ったときは湿気がすごくて何もしてなくても汗が出てきましたよ。
そういえば昨日出屋敷駅前で盆踊りのようなものがやってました。
踊ってる皆さんキレッキレで、どこかで練習してきたのでしょうか?
盆踊りって誰でも参加出来るんですかね?
それとも組合とかあるんですかね?
踊ったことないんでよくわかりませんね。
知ってる人いたら教えてください。
さあ今日も一日がんばりましょう!

さて今回は尼崎市上坂部でキッチンのつまり修理のご依頼をお受けしました。
ご依頼内容ですが洗い物をしていたら急にゴボゴボ音がしてつまった、水が流れない、もうすぐ仕事だから急いできてほしいとのことでした。
現場を確認すると水面が上昇していて全く流れない状態でした。
お客様に2段階で作業を進める旨説明をして、作業に入りました。
2段階の作業とは、業務用の薬品を入れて反応を待ち、状態が変わらなければトーラーを入れていき詰まりの原因を削ぎ落とすと言うものでした。
薬品が効いたみたいで、すぐ水が流れました。
作業時間は10分程度で修理代金は8000円でした。
お客様にパイプユニッシュのような配管を洗う薬品は意味がないのかと聞かれました。
意味がないことはないですがつまった後にしてもほとんど意味はない、日頃のメンテナンスで使うのがいいと説明しました。
つまりを取ってしまう薬品を市販で売れるわけがないんです。
我々業者が持っている薬品は劇薬物で購入する際、身元証明などを提出して購入しています。
私が購入している店は変なことされても困るからと業者にしか販売していないと言っていました。
なので市販で売っているものはメンテナンスで使う用だと考えてください。
完全につまったら業者にお願いしてくださいね。

それではまた更新しますね。
次も水道修理関係のブログになると思います。