安心して下さい

国家資格を含む多数の資格を
保有しております。
資格に裏付けされたプロの技が
当社にはあります。

レオンメンテナンスではほとんどの職人が所持していない国家資格を保有している職人が在籍しております。現場での経験はもちろん、資格に裏付けされた豊富な知識を有しており、どんな水のトラブルも迅速解決致します。

保有資格一覧

  • 2級管工事施工管理技士
  • 給水装置工事主任技術者
  • 貯水槽清掃作業監督者
  • 排水設備工事責任技術者

2級管工事施工管理技士とは?

2級管工事施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一つです。管工事とは、水道・ガス・給湯・空調など、要するに建物に管状のものを通す工事のことです。人が長時間快適に過ごす建物を建築するには、管工事は欠かせません。管工事自体は、資格がなくても行えます。実際、現場で作業をしている方のほとんどが無資格者です。
しかし、管工事の工程管理・品質管理・安全管理を行いたい場合は、施工管理技士の資格が必要です。
また、2級管工事施工管理技士とは、管工事全体を管理する仕事ができる資格です。ですから、全く経験がない方は受験することすら出来ません。管工事施工管理技士の受験資格を得るには一定期間の実務経験を得る必要があります。

給水装置工事主任技術者とは?

給水装置工事主任技術者とは、国家資格である給水装置工事主任技術者試験に合格し、交付申請により厚生労働大臣より免状の交付を受けた者のことをいいます。
水道工事はほとんどの作業員が無資格で作業を行っています。作業員は無資格でも構いませんが給水部分を触る場合、給水装置工事主任技術者の資格を有するものが必ず現場を管理しなければなりません。
また、給水装置工事主任技術者試験とは必要な知識と技術・技能について、水道法に基づき厚生労働大臣が実施する国家試験です。ですから、全く経験がない方は受験することすら出来ません。給水装置工事主任技術者の受験資格を得るには一定期間の実務経験を得る必要があります。

貯水槽清掃作業監督者とは?

貯水槽清掃作業監督者とは、飲料水の貯水槽の清掃作業の監督を行うことが出来る資格です。
ほとんどのマンションや3階建て以上の建物に貯水槽と呼ばれる装置がついています。貯水槽は年に1度清掃しなければなりません。清掃の際に必要な資格になります。

排水設備工事責任技術者とは?

排水設備工事責任技術者とは、排水設備工事を行ううえで、一定の条件を満たし知識技能を有すると認められた者です。
排水設備工事責任技術者試験は日本下水道協会が実施する全国統一の資格認定試験です。
給水装置工事主任技術者は給水装置について必要な知識・技術・技能があったのに対して、排水設備工事責任技術者は排水設備について必要な知識・技術・技能があることを証明しています。

leonmaintenance

レオンメンテナンス

24時間・365日受付(土・日・祝日も対応)
携帯電話・PHSからもOK

☏通話無料のフリーダイヤル
0120-433-493