尼崎市南新町でトイレのつまりの修理に行ってきました

さて今回は尼崎市南新町のトイレの詰まり修理のご依頼を受けました。
現場は近くて10分程でお伺いすることが出来ました。
現場を確認しましたがどえらいことになっていました。
便器いっぱいに水が溢れていて中に大便が大量…
トイレを確認後、外の会所も確認すると陥没しており、会所にも紙がつまっていました。
まず会所の中を掃除した後、便器の詰まりを直すと説明、お見積りをして作業に移りました。
内容は控えますがどえらい事になりましたが無事詰まりは直りました。
ここまででしたら作業代金として9000円(税別)ですが会所が陥没しているのでこのままだとまた詰まります。
ですのでお客様に簡易的なモルタルでの修復か会所の交換どちらが良いかお伺いの後、簡易的な修復で作業をしました。
トータルでお代金は材料代込みで24000円(税別)をいただきました。
なぜ便器いっぱいに溢れるほど詰まりを放置していたのかお客様に尋ねました。
すると以前トイレの詰まり修理を他の水道修理業者さんにお願いしたそうなのですが、その時の修理代金がなんと7万円もしたそうで、それから怖くて電話出来なかったそうです。
一度高額な修理代金を言われると怖いですもんね…
しかも何か交換したわけでもなく、異物を流したわけでもなくそんなに修理代金がかかるものかと思いますよね?
きっとなんだかんだと理由をつけて便器脱着や高圧洗浄をしたりしたんでしょうね…
ではなぜ当社にご連絡してくれたのかと尋ねると息子さんがインターネットで探してくれたみたいで料金や口コミを見て選んでくれたみたいです。
当社を信用していただきありがとうございますですね。
しかし悪徳業者には困ったもんですね。
当社まで同じような目で見られるのは困りものですよ。
でもこればっかりは地道に当社を売り込んで疑惑を払拭するしかないですよね。
頑張ります!
それではまた。

 

それではまた時間があるときにブログを更新しますね。
次の記事も水漏れ、つまり、漏水調査など水道修理関係になると思いますがまた読んでくださいね。